徳島の建築家

あなたの夢を叶える徳島の建築家25人

写真

北前川の家LDK吹抜

できる限り高気密、高断熱化をめざした。サッシのガラスも南・東・西面の日照を考え、種類をかえている。プラントしては1階の大きな吹抜に赤い鉄骨階段を設置することで空間ヴォリュームを分断し、ワンルームのLDKをゆるやかに区切った。

写真
写真

南昭和の家

和風古民家として設計した。玄関戸や引戸、下駄箱や居間の家具は建築主より支給された、古民家や蔵からの本物を使用しており、またほとんどの照明器具も古い時代のものである。そのため全体の雰囲気を統一させるため、広い縁側や庭も注意深くデザインしている。

写真

小松島の家II

南側からの明るい日差しをいっぱいに受けるプラン。テラスは外部だが部屋のような機能を持つ。LDKと和室がワンルームとして配置されている。

写真

南仲之町の家

6階建ての住宅。3階には内外2ヶ処の浴室を設置。積木のように箱を組み合わせた。東・南・西の3方向の市外の景色が美しい。

写真

佐古二番町の家LDK

1階は車庫でLDKは2階にある。LDKに面したバルコニーは25帖の広さがあり、植栽しデッキを貼っている。隣近所からの目線をさえぎるため壁を立ち上げ、家族だけの広い庭としてプライバシーを確保した。

写真

三加茂の家

銅板一文字葺のアール屋根シリーズの1棟。二世帯住宅のため、左右にL型と逆L型にプランし、中庭を中心につながりを持たせた。淡いブルーに焼き付けたアルミサッシがコンクリートのいかつさや、冷たい感じを和らげている。

写真

安宅の家

赤い箱と赤い階段が目をひく家。1階は建築主の趣味である車のために使用。2階はほとんどワンルームで、ホームシアターや、音楽演奏を可能にしている。その居間から北に庭のように広がるバルコニーからはすぐ前を流れる川を眺められる。

写真

八万の家II

コンクリート打放しだが、部分的に3色の塗り壁をバランスをとって配置した。壁面に曲線を多用しているが、内部では端正な矩形の中庭をLDKが囲んでいる。

写真

貞光の家Ⅰ

1階が鉄筋コンクリート打放し、2階木造の混構造。本体の長方形に三角、四角、半円が突き出したプラン。居間の四角の突き出した開口部から吉野川が眺められる。外観はアプローチの6本の壁柱がアクセントとバランスをとっている。