徳島の建築家

あなたの夢を叶える徳島の建築家25人

写真
写真

みんなのいえ

薪ストーブを設置した土間上部の大きな吹抜を介し、家全体が立体的におおらかにつながります。また、壁の一部をガラスのスリットとすることで、構造材が連続する様子を視覚化し、木構造の力強さと美しさを感じることができます。

写真
写真

川内のいえ

座卓としても利用できる掘りごたつを造り付けた茶の間は、必要に応じて障子で仕切ることが出来ます。また、キッチンに面する部分には、足を伸ばして座ったり、さっと食事をしたり、ちょっとした日々の雑務をこなすことのできるカウンターを設置しています。

写真
写真

石井のいえ

建主の趣味を最大限楽しむことのできるいえです。土間、1階、中2階、2階、ロフト、さらには屋上へと、それぞれの空間はひとつながりでありながらも、床のレベルに変化をもたせることで視線をずらし、しかし互いの気配は感じつつ、居心地のよい場所になるよう配慮しています。

写真
写真

リューネの森のいえ

半外部空間であるテラスは、土間、玄関ともつながっており、日々の暮らしを積極的に外部へとつなげます。また、家全体をおおらかにつなげることにより、光や風がまわりこみ、土佐漆喰の白い壁と杉の無垢材のシンプルさが、さらにその心地よさを感じさせる空間になっています。

写真
写真
写真

大原のいえ

一階の主要な部屋に囲まれた広いデッキは、日々の暮らしの中に光や風、季節感を取り込むと共に、内と外との境界を感じさせず、暮らしが外へと延長していく役割を果たします。

写真
写真
写真

法花のいえ

シンプルでコンパクトな外観ですが、壁や天井のドイツ漆喰の白と杉の無垢材とのコントラストはシャープさと同時に暖かみを感じさせます。吹抜の縦方向のつながりが奥行きを感じさせ、室内にいながらも季節や時間帯によって、光や影が違う表情を見せ楽しませてくれます。

写真
写真

新浜本町のいえ

ダイニングからも出られる屋根のかかったテラスを、北側にある玄関とも土間でつなぐことで、室内と外部を、人と庭を、積極的につなぎます。玄関戸を開けると、正面の緑が目に飛び込んできます。

写真
写真

羽ノ浦のいえ

2階の子供スペースは最小限の広さとし、その代わり多目的に使うことのできるフリースペースやフリーコーナーを設けています。フリーコーナーは、薪ストーブの煙突が伸びる小さな吹抜と、家族室上部の大きな吹抜とで1階とつながっており、上下左右の空間を橋渡しするブリッジのような楽しい空間となっています。