loadingなう

徳島の建築家

TOKUSHIMA ARCHITECT
来場・イベント予約

中村 正則

1952年生まれ、血液型O型、獅子座。法政大学工学部卒。森下建築設計事務所を経て、独立。一級建築士。建築士会バリアフリー研究会、徳島ユニバーサルデザイン研究会に所属。

M&N都市建築設計事務所

受賞歴

■ 徳島県優秀建築設計コンクール優秀賞(1992年)
■ 徳島市まちづくりデザイン賞優秀賞(1993年)
■ 徳島県やさしいまちづくり賞(1997年)
■ 徳島県まちづくり環境大賞優秀賞(2003年)
■ 徳島県ユニバーサルデザインによるまちづくり賞(2014・2017年)

人と環境にやさしく

◎家族が健康で仲良く暮らせることが最大の目標です。子供のための家というのではなく、夫婦のための住まい。
◎子供にとって最も大切な『個の自立』の準備ができるような住まい。
◎子供からお年寄りまで、安全な日常生活動作を確保。
◎光や風を十分に取り入れ、間仕切りの少ないフレキシブルな家。
◎自然素材を使用し、健康や感性を育む住まい。
◎環境に負荷を与えないような省エネの家づくりと住まい方。
◎真夏にエアコンがなくても過ごせる家。
◎生態系の中継点となるべく、敷地内は自然を豊かに。
◎近隣と良い関係を育み、周辺の町並みにも違和感のないよう。
◎施主家族とはじっくりと話し合い、協働で住まいづくりをします。

作風について

◎家族のコミュニケーションが日常生活の中で自然に図れる。
◎個室は小さく、パブリックな空間を広く、間仕切りを減らす。
◎風通しをよくし、光を十分に取り入れ、エアコンなしで生活できる。
◎自然素材をできるだけ使い、健康と感性を育む。
◎子供からお年寄りまで、安全な日常生活動作を確保。
◎経年変化により味わいを失わない外観素材。
◎緑化により、やさしい環境、潤いのある町並み。

施工実績