建てようネット[徳島]で建てた家

建築家と素敵な家づくり

祝136棟目K邸『まちなかのお陽さまハウス』


建てようネット[徳島]の実績

建築家決定217件

完成物件159棟(新築123棟、リフォーム24棟、店舗8棟、店舗兼住宅4棟)

(2016年5月31日現在)

 

-----------------------------

祝136棟目 建てようネットで建てた家

徳島市・K邸

まちなかのお陽さまハウス

建築家・杉本真理子+司工務店

 

光の表情が美しい

「まちなかのお陽さまハウス」

 

屋外のように快適な吹き抜けホール

 子どもの小学校入学を機に、実家の近くの土地に新築することを決意したご夫婦。何よりも望んだのは、太陽の光を贅沢に取り入れた家づくりだった。その願いに反し、立地条件は非常に厳しいものだったと振り返る。

 「土地の南側に3階建ての民家が隣接するなど、とにかく日当たりの悪い場所だったんです。この条件を上手に活かしてもらうためには、建築家にお願いするしかないなって」。

 建てようネットに足を運んだご夫婦は、すぐに何人かの建築家と面談。ナチュラルで優しい建築デザインと、女性目線を活かした提案力に惹かれ、杉本さんをパートナーに指名した。

 「屋内を明るくするために中庭を設けるという選択肢もあったのですが、どうしても屋内スペースが狭くなってしまう。育ち盛りの男の子たちが、のびのびと遊べるような広さも必要だと思いました」と杉本さん。1階の中心に吹き抜けのホールを設けることで、天井から光を家全体に取り込みつつ、雨の日でも子どもたちが走り回れるスペースを確保した。

 「いつも友達を連れてきては、家のあちこちで楽しそうに遊んでいます」と奥さま。中庭を作らずとも、屋外のような開放感は生み出せるという好例だ。

明るさだけでなく光に豊かさを

 杉本さんは、この家のコンセプトを「まちなかのお陽さまハウス」と名付けた。特筆すべきは、天窓やハイサイドライトによる光の絶妙なコントロール。ただ家の中を明るくするだけではなく、季節やその日の時間帯によって、光の表情を楽しめるよう緻密に計算されている。

 もう一つ、奥さまが望んだのが快適な生活導線。外で働いているので、帰ってきてからの家事の効率をいかに良くするか、短くできるかを考え、アイデアを盛り込んだ。

 「2階の南側にもホールを設け、浴室や洗面脱衣所、ランドリーなどを隣接させました。ドアを1枚開けば、どこにでもすぐに移動することができるのでとても助かっています」と奥さま。1階と同様に「ホール」というあいまいな空間を設けることで、あらゆる面で暮らしの幅を広げている。

 さらに、玄関から裏口までを貫く土間も、住まいを象徴する要素の一つ。学校や仕事には裏口を利用するため、家族にとってはどちらも正面玄関のような役割を担っている。土足のまま屋内を横断することができるほか、壁面は大容量の収納スペースとして活用。快適さと機能性を、とことんまで追求している。「家づくりが本当に楽しかった」と奥さまは、嬉しそうに話してくれた。

 


Kさんの夢を叶えた建築家

[建築家]杉本真理子

 sugimoto

設計コンセプト

「周囲を家に囲まれた街中の敷地。そのため光を南上部の窓と天窓から取入れている。あえて内部に光が降り注ぐホールを設けた。玄関から内に入ると長い土間が続き、その奥に光のホールがある。内でいながら外でいる感覚が得られる。ホールを家の中心とし居間や2階のたまり場が繋がる」



東側の正面玄関。RCのガレージは夏でもひんやりと涼しく、モダンな外観の表情となっている。ライトアップされた植樹とピーラーの壁がナチュラルな雰囲気を演出。

東側の正面玄関。RCのガレージは夏でもひんやりと涼しく、モダンな外観の表情となっている。ライトアップされた植樹とピーラーの壁がナチュラルな雰囲気を演出。

 

玄関を入ると、家を東西に貫く土間が出現。向かって右側が1階のホール、左側にはベンチや大容量の収納スペースを設置している。

玄関を入ると、家を東西に貫く土間が出現。向かって右側が1階のホール、左側にはベンチや大容量の収納スペースを設置している。

1階の吹き抜けホールは、やんちゃな子どもたちの良き遊び場に。長男の希望により、マグネット式の大きな黒板を設置した。休日になると多くの友達がやってくる。

1階の吹き抜けホールは、やんちゃな子どもたちの良き遊び場に。長男の希望により、マグネット式の大きな黒板を設置した。休日になると多くの友達がやってくる。

上品でナチュラルなデザインにまとめられた2階のリビング。炊飯器やお皿などは、壁面の収納スペースにすべてしまえるため家の中はいつもスッキリ。

上品でナチュラルなデザインにまとめられた2階のリビング。炊飯器やお皿などは、壁面の収納スペースにすべてしまえるため家の中はいつもスッキリ。

天窓やハイサイドライトからの柔らかい光がリビングを包む。夕方以降になると、天井の間接照明が柔らかな雰囲気を演出しはじめる。

天窓やハイサイドライトからの柔らかい光がリビングを包む。夕方以降になると、天井の間接照明が柔らかな雰囲気を演出しはじめる。

ハイサイドライトからの光は、時間帯によって住まいにさまざまな陰影をもたらす。吹き抜けホールの存在が、各部屋に光と風を届けているのが分かる。

ハイサイドライトからの光は、時間帯によって住まいにさまざまな陰影をもたらす。吹き抜けホールの存在が、各部屋に光と風を届けているのが分かる。

駐車場から玄関に続くアプローチ。軒天には無垢の木材を使用。ここを通るたびに、外出や帰宅モードへと家族のスイッチが切り替わる。

駐車場から玄関に続くアプローチ。軒天には無垢の木材を使用。ここを通るたびに、外出や帰宅モードへと家族のスイッチが切り替わる。

人通りの多い西側の外観。通行人からの視界を遮るため、窓のラインには格子を設置。ちなみにご家族にとっては、どちらも大切な正面玄関となっている。

人通りの多い西側の外観。通行人からの視界を遮るため、窓のラインには格子を設置。ちなみにご家族にとっては、どちらも大切な正面玄関となっている。

 

建築データ

■家族構成 施主、妻、子ども2人

■構造 木造2階建て

■工法 在来軸組工法

■敷地面積 244.19㎡(約73.86坪)

■延床面積 合計258.37㎡(約78.15坪)/1階114.27㎡(約34.56坪)、2階101.85㎡(約30.80坪)、車庫42.25㎡(約12.78坪)

■スケジュール 設計期間2013年1月~2013年10月

       施工期間2013年11月~2014年7月

■設計・監理 アトリエ・クー

■施工 司工務店


倉敷邸平面図画像

K邸間取り

1.  ガレージ

2. 物入

3. ポーチ

4. 玄関

5. 土間スペース

6. ホール

7. 手洗

8. トイレ

9. 書斎

10. 子供室

11. 寝室

12. 和室

13. ウォークインクローゼット

14. LDK

15. 浴室

16. 洗面脱衣

17. ランドリースペース

18. クローゼット

19. バルコニー