建てようネット[徳島]で建てた家

建築家と素敵な家づくり

祝147棟目 K邸 『川内のいえ』


祝147棟目 建てようネットで建てた家

徳島市・K邸

川内のいえ

建築家・鳥羽知夫+誉建設

楽しむ窓と機能的な窓がもたらす、豊かな日常。

フラットな視点で構築する

  建築家には、それぞれの流儀がある。心地良く暮らせるデザインや機能性とは何か、そのために何を優先すべきなのか。手掛けた建物が個性的な輝きを放っているのは、そんな細かな流儀の違いが表出した結果と言えるかもしれない。

 建てようネットに訪れるお建主は、膨大な資料に目を通しながら建築家の特徴を掴み、何人かとの面接を通して家づくりのパートナーを決定する。今回の建主Kさんが選んだ建築家は鳥羽さん。その理由が面白い。

 「鳥羽さんの資料に目を通した時、手掛けた家がすべて違って見えたんです。良い意味で、建築家の個性があまり表に出ていないというか。もともと『こんな家がほしい!』という明確なビジョンを持っていなかった私たちに、柔軟でプレーンな提案をしていただけるのではないかと思いました」。

 それまでマンションで暮らしていたご夫婦は、母親と一緒に暮らすための2世帯住宅を希望。1階に家族が集うLDKと母親の和室を配置し、その東側には洗濯室や洗濯干し場、風呂などの水回りを並べた。

 2階には日当たりのいい南側に、寝室と子供スペースを配置。眺めのいい北側には、吹抜を兼ねた階段、在宅で仕事をされることが多いご主人の書斎が配置されている。

希望の工法で堅牢な住まいに

  鳥羽さんをパートナーに選んだもう一つの理由が、ご主人行きつけのワインバーの設計を手掛けていたこと。今回の家づくりで採用されたL字型のカウンターテーブルにも、店舗設計で培ったノウハウが活かされている。

 「キッチンが一段下がっているので、子どもとも目線が合わせやすいんです。広々としたカウンターテーブルは本当に気持ちが良くて、家族がよく居座っています」と奥さま。北側の窓の向こうには田園風景が広がり、四季折々の表情を家族のもとに届けてくれる。

 「楽しむ窓と、機能的な窓を南北で使い分けました。道路に面した南側の窓は、どうしてもカーテンを締めることが多くなるので採光と通風用に。逆に、順光で風景が美しく見える北側の窓は、外に広いデッキを設置し、リビングとも繋がって使えるようにしました」と鳥羽さんは話す。

 もう一つ、ご主人がこだわったのが耐震性。在来工法でありながら鉄骨造のような強度と自由な間取りを誇るSE構法の採用を希望した。

 「この構法を取り入れている工務店を使ってほしいと鳥羽さんにお願いし、快く承諾してくださいました。3回建てないと満足のいく家づくりはできないと言われますが、1回目でも最高の家づくりができることを証明できたと思います」とご夫婦は笑顔で話してくれた。



Kさんの夢を叶えた建築家

[建築家]鳥羽知夫

toba01

1967年生まれ、血液型B型、牡羊座。近畿大学工学部建築学科卒。小川晋一都市建築設計事務所、中川建築デザイン室を経て独立。一級建築士。

設計コンセプト

「家族4人と、奥様のお母さんとの5人が暮らす『2世帯住宅』です。御夫婦共に県外出身。仕事の関係で徳島で住まうことになり、アクセスの良さと、気持ちのいい田園風景の残る川内を選ばれました。『休みの日は共に料理をして、好きなワインを楽しみたい』との要望から、キッチンはカウンター型を採用。『ここでいる時間が本当に楽しい!』と話してくれたことが何より嬉しかったです」

日当たりのいい南が家の正面。木の格子は「布団干し専用テラス」の目隠し。玄関先に設けた小さな庭は、夏はプール遊びで大活躍だそうです。

日当たりのいい南が家の正面。木の格子は「布団干し専用テラス」の目隠し。玄関先に設けた小さな庭は、夏はプール遊びで大活躍だそうです。

リビング階段のある1階LDK。母親の和室や水回りとの繋がり方もちょうど良い。大きな本棚やカウンターテーブルが、家族を集わせる装置となっている。

リビング階段のある1階LDK。母親の和室や水回りとの繋がり方もちょうど良い。大きな本棚やカウンターテーブルが、家族を集わせる装置となっている。

L字型カウンターテーブルは、家族揃っての食事や、夫婦の晩酌など、あらゆる場面で大活躍。

L字型カウンターテーブルは、家族揃っての食事や、夫婦の晩酌など、あらゆる場面で大活躍。

リビングとキッチンに段差を付けることで、家族との距離感がさらに近くなる。北側の窓からは、季節感あふれる田園風景を臨むことができる。

リビングとキッチンに段差を付けることで、家族との距離感がさらに近くなる。北側の窓からは、季節感あふれる田園風景を臨むことができる。

在宅勤務が多いご主人の書斎。リビング同様、窓の向こうには自然豊かな風景が広がる。直射日光を受けないため夏場も快適。

在宅勤務が多いご主人の書斎。リビング同様、窓の向こうには自然豊かな風景が広がる。直射日光を受けないため夏場も快適。

建築データ

■家族構成 施主、妻、母、子ども2人

■構造 木造2階建て

■工法 SE構法

■敷地面積 211.22㎡(約64坪)

■延床面積 合計115.39㎡(約35.13坪)

      1階64.59㎡(約19.57坪)

      2階51.34㎡(約15.55坪)

■スケジュール

        設計期間2013年9月~2014年9月

         施工期間2014年11月~2015年3月

■設計監理 鳥羽知夫建築設計事務所

■施工 誉建設

K邸間取り

1 玄関

2 LDK

3 母の部屋

4 洗面室・室内干場

5 テラス

6 フリースペース

7 寝室

8 クローゼット

9 書斎

 

川原邸平面図画像