建てようネット[徳島]マネージャーblog

» 2014/03/26/

【第18回マネーコラム】「住宅ローンを早く返すほど損をする?」


Geen・あわわfree2014年4月号で掲載した「マネーコラム」をWEBアップします。

 

4月号マネーコラム画像

 

 

住宅ローンを早く返すほど損をする?

 

 住宅ローンの常識では、借入したお金は早く返したほうがいいと言われます。目的は将来に多くお金を残すためです。繰上返済をすることで、住宅ローンを支払う年数が短くなり、結果、余分な住宅ローンの利息を払わずに済むということで、早く返しましょうというアドバイスがよくされています。

 しかし、将来より多くのお金を残すという目的で考えたときに、住宅ローンの繰上返済が一番よい選択肢かどうかを考える必要があります。

 例えば、あなたが借りた住宅ローンの金利が2%だったとします。そして、あなたが100万円を貯めて繰上返済したとします。100万円を金利2%の住宅ローンに入れるということは、厳密に言えば違いますが、2%の金利でお金を運用することと同じ効果があると言えます。

 でもこの100万円を、例えば3%や5%の利回りで運用できる投資信託や投資商品に回せば、やはりこちらのほうが将来のお金は残せることになるわけです。

 例えば、2,000万円を金利2%、30年返済で借りておいて5年後に繰上返済をすると住宅ローンの利息を約62万円節約できます。では、同じ100万円を3%で25年間運用したらどうなるでしょうか?増える利子は約110万円になります。同じ100万円でも、どこにお金を投入するかで得られる効果が変わってしまいます。

 住宅ローンの繰上返済をする目的は何なのかということについて考えてください。そしてその目的を達成するためには、繰上返済が一番いい選択肢なのかどうかということをよく考える必要があるのです。

 人によっては、どうしても借金をしているのが嫌だ、気持ち悪くして仕方がないという方もいるでしょう。そのような場合には繰上返済も検討するべきかもしれません。しかし、繰上返済をする目的が、将来自分の老後によりたくさんお金を残したいということであれば、繰上返済は必ずしも一番よい選択肢ではないということです。

 

次号予告

「問題ない住宅ローンの借入額に対する究極の答えとは?」

 

 

過去のバックナンバーは下記より。
第1回「諸費用を制するものがマイホーム購入を制する」
第2回「予算は月々の返済額ではなく、総支出で計算する」
第3回「将来こどもに迷惑をかけないための、マイホーム購入予算計算方法」
第4回「住宅ローンは給与振込の銀行で借りるものだと思ってませんか?」
第5回「誰も教えてくれないもう一つの住宅ローン返済方法とは?」

第6回「あなたのマイホーム購入予算を最大化するために」

第7回「言われるままに『諸費用』、支払おうとしていませんか?」
第8回「目先の金利だけで住宅ローンを選んでいませんか?」
第9回「マイホーム購入を考えたら、何から始めるべきなのか?」
第10回「住宅ローンは大きく分けると2つしかありません」
第11回「結局住宅ローン金利は変動?固定?どっちがいいの?」
第12回「住宅ローン返済額を家賃並みで考えてはいけない3つの理由とは?」
 ●第13回「頭金のウソと真実について」
 ●第14回「家づくりで最も大切なものとは?」
 ●第15回「「マイホーム実現を早める一番簡単の方法」
 ●第16回「家づくりは○○選びで9割決まる」
  ●第17回「わざとしんどい家の買い方をしていませんか?」

建てようネット旧ブログ