だから、平家。

» 2019/05/24/

中川俊博の平家- 1


中川俊博の平家- 1

阿南市・H邸

中林海岸の家

「非日常」への憧れを

詰め込んだ週末住宅

 

静かな砂浜で海を臨むウィークエンドハウス

 

 毎日を暮らす「家」と休暇を過ごすための「別荘」には、同じ平家でも大きな違いが生まれる。そこにはどうしても「日常」と「非日常」との差が浮き彫りになるからだ。

 松林を背景に砂浜から乗り出すように建つH邸は、中川さんが施主の要望を形にした週末を楽しむ住まいである。

 「平日の忙しい暮らしから開放されてリラックスできること、アウトドアスポーツやマリンスポーツの拠点として使えること。具体的に話があったのはその2点だけ。後はすべて任せていただけました」。

 中川さんは必要な機能を整理し、大きなLDKと寝室、トイレとシャワールームを備えた平家を設計。リビングの延長として、ジャグジーのある広いウッドデッキと各種道具類を入れる倉庫を造った。

 「少人数の短期滞在が基本ですから、広さにこだわらなくていい。周囲の自然と一体化させることを考えると、コンパクトな平家が理想でした」。

 LDKの中央には囲炉裏のように使うことができる御影石製のテーブルがあるほか、一角には畳カーペットを用いて和室代わりの空間を設えた。

 「ちょっとした寛ぎの空間でもあり、友人が宿泊する際の寝室代わりでもあります」。

 チェストなどで緩やかに空間を仕切ると、見た目も変化がつけやすく、使い途もそのときどきで変えられるという。

 広いウッドデッキがもう一つのリビングにもなる『中林海岸の家』。休みの度、わざわざ県外から施主が訪れるというのも納得の週末住宅である。



松林を背景に砂浜から乗り出すように建つ外観が印象的なH邸。ジャグジーを備えた広いウッドデッキに差し掛けられたパラソルが「非日常」感をいっそう強めている。

松林を背景に砂浜から乗り出すように建つ外観が印象的なH邸。ジャグジーを備えた広いウッドデッキに差し掛けられたパラソルが「非日常」感をいっそう強めている。

囲炉裏のように使うことができる御影石製のテーブルは特注品。チェストで緩やかに仕切った一角には畳カーペットを敷き、友人などの宿泊にも対応した。

囲炉裏のように使うことができる御影石製のテーブルは特注品。チェストで緩やかに仕切った一角には畳カーペットを敷き、友人などの宿泊にも対応した。



休みの度に施主が訪れるというのも納得のウィークエンドハウス。真横から見ると、LDKとほぼ同じ広さを持つウッドデッキの存在感が際立っている。

休みの度に施主が訪れるというのも納得のウィークエンドハウス。真横から見ると、LDKとほぼ同じ広さを持つウッドデッキの存在感が際立っている。

設計コンセプト

nakagawa2018-001

「国定公園の中に建つ週末住宅。近隣の集落からは、松林を介している為、周りにはほぼ建物が見えない孤島のリゾートのような立地。緩やかな斜面の高い場所に建物は配置し、周りの景観を見渡せるよう計画している。LDK の室内と同じほどのデッキを一体に設置し、連携して使えるようジャクジーバスやデッキチェアなどを配置している。沈む夕日の中に佇む姿は、ここがどこだったかを忘れるようだ」( 中川)



建築データ

■ 家族構成 : 施主・妻

■ 構造 : 木造

■ 工法 : 在来工法

■ 敷地面積 : 992.54m2( 約300.77坪)

■ 延床面積 : 合計 135.00m2( 約36.14坪)1階 135.00m2( 約36.14坪)

■ スケジュール :

設計期間 2007年1月~2007年12月

施工期間 2008年1月~2008年5月

■ 設計監理 : 中川建築デザイン室

■ 施工 : 島出建築事務所



H邸間取り

① エントランス

② 倉庫

③ トイレ

④ LDK

⑤ 暖炉

⑥ 畳

⑦ 寝室

⑧ 脱衣室

⑨ シャワー室

⑩ テラス

⑪ 風呂

 hiraya-nakagawa01

 

【情報掲載日/2016年11月25日】

その他の平屋特集はこちらから

hiraya

建てようネット旧ブログ