建築家のリノベーション

» 2019/08/04/

中村正則のリノベーション


建築家

中村正則

 


住宅[徳島市・U邸]

南昭和町の家



一人でも、夫婦でも。大勢いても心地よい、

熟年夫婦のための「南昭和町の家」

床材をはじめ杉板をふんだんに使った柔らかな雰囲気の室内。杉角材の筋交いを用いたり、階段の両サイドに手すりを設置したりと、人にも木構造にも、優しさと安全性を確保している。

床材をはじめ杉板をふんだんに使った柔らかな雰囲気の室内。杉角材の筋交いを用いたり、階段の両サイドに手すりを設置したりと、人にも木構造にも、優しさと安全性を確保している。


暮らし方まで提案してくれるのが、建築家への依頼の一番の価値



 典型的・・・と言うと語弊があるかもしれませんが、Uさんご夫妻がリフォームを考えたのは、“室内を明るく”“耐震性を確保”“省エネ化”といった希望が重なったことがきっかけでした。こうしたご希望を受けて、さらなる価値づくりとして中村さんが提案したのは、“セカンドステージを充実させる住まいへのリフォーム”ということ。つまり、個々の要望を満たした上で、今後の住まい方に付加する提案をしたのです。

 「最初に建ててくれたのは一般の工務店だったんですが、細かなところでやっぱり気になる点があって。次に何かをお願いするのであれば建築家に・・・という想いは、頭の中にありました。実際にこうしてリフォームを手がけてもらって、暮らし方まで提案してくれるというのが、建築家に依頼する一番の価値なのかな、と思いましたね」(ご主人)。


バリアフリーという概念と、反対に、無意識に体を動かす仕掛けも



 セカンドライフの充実という点では、安全性の確保が重要な課題でした。そこで、バリアフリーを基本とした考えのもと、手すりの設置や室内の段差をなるべくなくすなど、安全第一に。とはいえ、現在はご夫婦ともにお元気なので、無意識に体を動かせるように、階段位置を室内中央に配置するなど、日常生活で体を動かす機会を確保する、という想いが込められています。

 もちろん、耐震性も確保。耐震壁を増やして補強しつつ、不要な2階の部屋を減築し、光と風が通るように吹き抜けとしたリビングには柱に加えて角材の筋交いを入れるなど、緻密な設計がなされています。



長生きしたくなる、熟年夫婦にとって最高に居心地の良い空間に



 個別に見ていくと、いの一番に目に留まるのがガラスサンルームです。約6畳もの広さのサンルームはとにかく温かく、冬場でも晴れた日であれば夕方前くらいまでは暖房要らずで過ごせるそう。「お日様の有難さを感じますよね」と奥様も言う通り、本を読んだり、庭の植栽を眺めながら音楽を聞いたり、また毎日ランチを楽しんだり・・・と、自由に過ごせる温かな空間を生み出しました。

 「以前のサンルームも、1畳半ほどの適度な狭さでいつも音楽がかかっていて・・・と気持ちの良い空間だったんですが、いかんせん開放感がなかったのが難点でした。そこで、外部の緑も風景として取り込めるように大開放にして、ご夫婦それぞれが思い思いに過ごせるような空間にするということを意識しました」(中村さん)。

 ご夫婦それぞれにご友人も多く、今ではサンルームの方から入ってきて、そこで他愛もない会話に花を咲かせることもあるとか。パブリックなスペースとしても多くの人に愛される家となったのは、このサンルームのおかげでしょう。

 「希望通り、いや希望以上の家にしてくださいました。友人とのつながりはもちろんですが、自立して家を出て行った子どもたちが、この家に帰ってくるのを楽しみにしてくれている。一人でいても、夫婦でいても、家族が集っても、どんな時でも、心地良く過ごせる家にしてくださって、本当に嬉しいです。これからもっと長生きしなきゃ(笑)」(奥様)。


Before

以前のサンルームは、狭さが心地良さにつながっていたものの、眼前にガラス戸と木々があり、圧迫感があったのも確か。

以前のサンルームは、狭さが心地良さにつながっていたものの、眼前にガラス戸と木々があり、圧迫感があったのも確か。

以前は“個”を重視して室内を間仕切って生活。間仕切りは、同時に蒸気を溜め込み結露へとつながっていたが、空間を開放的にリフォームしたことで解決した。

以前は“個”を重視して室内を間仕切って生活。間仕切りは、同時に蒸気を溜め込み結露へとつながっていたが、空間を開放的にリフォームしたことで解決した。


After



キッチンの作業台は奥様の希望。と同時に、「奥さんがキラキラしていれば、家の中は元気になりますから」という中村さんの考えが現れている。

キッチンの作業台は奥様の希望。と同時に、「奥さんがキラキラしていれば、家の中は元気になりますから」という中村さんの考えが現れている。

冬場でも、ここに入れば暖房要らず。リフォームと同時にオール電化にもしたが、冬でも月に1万円しか電気代がかからないそう。

冬場でも、ここに入れば暖房要らず。リフォームと同時にオール電化にもしたが、冬でも月に1万円しか電気代がかからないそう。

駐車スペースには、鉄道に使われていた枕木を設置。丁寧に植樹された木々や草花も美しく、どこかヨーロピアンな雰囲気が漂う。

駐車スペースには、鉄道に使われていた枕木を設置。丁寧に植樹された木々や草花も美しく、どこかヨーロピアンな雰囲気が漂う。

南・東の両側から光を取り込む爽快感のある吹き抜け脇のスペース。障子の向こうは奥様の寝室で、吹き抜けに入る光を寝室にも取り込めるように。

南・東の両側から光を取り込む爽快感のある吹き抜け脇のスペース。障子の向こうは奥様の寝室で、吹き抜けに入る光を寝室にも取り込めるように。

キッチンには床下収納を設置して収納力を確保。収納蓋にモザイクタイルを貼るなど、視認性やデザイン的なアクセントにも配慮されている。

キッチンには床下収納を設置して収納力を確保。収納蓋にモザイクタイルを貼るなど、視認性やデザイン的なアクセントにも配慮されている。

バリアフリー仕様で、玄関に安全な靴の脱ぎ履き用の杉の一枚板の腰掛けを設置する事により空間に広がりと共に、コミュニケーションの場も生まれた。

バリアフリー仕様で、玄関に安全な靴の脱ぎ履き用の杉の一枚板の腰掛けを設置する事により空間に広がりと共に、コミュニケーションの場も生まれた。

室内から外の、外部から室内の気配が感じられる明かり窓など、中村さんならではの遊び心は随所に散りばめられている。

室内から外の、外部から室内の気配が感じられる明かり窓など、中村さんならではの遊び心は随所に散りばめられている。



Uさんの夢を叶えた建築家

[建築家]

中村正則

中村 


設計コンセプト

「一言で言うと、退職後のセカンドステージを楽しめるご夫婦の家。ご夫婦それぞれが住まいの中で憩え安らげる場、活動の場、共に食べ語り合えたり、友人達が寄れるコミュニケーションの場などを創出。目玉は6帖のガラスサンルーム。冬でも暖房不要で庭を見ながらの読書・音楽・コーヒータイム・食事・友人との交流など多様な活用が楽しみ」



設計のこだわり、苦労したところ

「建築工事は新築であれリフォームであれ、苦労は付き物ですが、施主には出来るだけ、計画段階から工事完了まで、家造りを楽しんでいただけるよう、わかりやすい計画案をご提示・説明するように心がけています。また現場での定例打ち合わせを大切にし、施主自身が住まいづくりに自ら取り組んだ感を抱いていただけるよう心がけています。今回のリフォームにより、県外や海外にいる息子さん達ご家族が帰ってきた時の驚きや、また帰って来たくなるような、きっかけとなることを願っています」


建築データ

■家族構成

施主(69歳)、妻(66歳)

■構造・工法

 木造、在来工法

■敷地面積

 200.2m2(約60.6坪)

■延床面積

 合計 107.58m2(約32.6坪)

1階 71.09m2(約21.5坪)

2階 36.49m2(約11.1坪)

■スケジュール 設計期間

 2012年12月~2013年6月

■工事期間

2013年7月~2013年11月

■設計監理

M&N都市建築設計事務所

■施工

アークホーム

中村正則_図面1中村正則_図面2


U邸間取り

1 菜園・花壇

2 駐車場

3 ポーチ

4 玄関

5 ホール

6 談話室

7 サンルーム

8 和室6帖

9 居間

10 食堂

11 台所

12 洗面・脱衣

13 UB

14 トイレ

15 和室6帖

16 書斎

17 洋間A

18 物干場

19 物干

建てようネット旧ブログ