建築家のリノベーション

» 2019/08/09/

中野次郎のリノベーション


建築家

中野次郎

住宅[ 徳島市・O邸]

2010 shinkirai

変形地でもなんのその。

自由度の高さが魅力の鉄骨リノベーション

壁一面に設えられた収納棚。あえて細長い形にしているのは、「長い」と感じることが一方で空間的な広がりにもつながるため

壁一面に設えられた収納棚。あえて細長い形にしているのは、「長い」と感じることが一方で空間的な広がりにもつながるため



豆腐工場兼倉庫だった鉄骨造の建物に

「ビビッときた」(中野さん)

 

 「古い建物をリノベーションすることで、その価値に変化が出るという点が、僕にとってはビビッとくる」という中野さんにとって、1Fがご主人のお父さんが営んでいた豆腐工場、2Fは倉庫(兼卓球場)、鉄骨造2階建てのO邸のリノベーション案件は、非常に魅力的で、かつ刺激的なものだったそうです。

 「鉄骨造30年モノで、室内に柱などがなく、がらんどう。構造の強度も十分だし、これならもっと価値を持たせられる家にできそうだと。一般的に、2~3000万円かけて新築するところを、リノベーションだったら1000~1500万円、ぜいたくに2000万円かければたいていのことが可能になります。予算的な面からも、条件さえ合えばOさんのように、リノベーションをご提案することが多いですね」(中野さん)。

 かくしてO邸も、中野さんの手によって劇的な変化を遂げることになりました。

 

キッチン~洗濯機~洗濯干場を

一直線にする家事動線を実現

 O邸は、その台形の建物が特徴的でした。方形よりも間取りや動線の取り方が難しく思われがちですが、鉄骨造だからこそ可能だった自由度の高さを活かして、斜めの線に沿ってLDKを展開。階段の位置からも、上りきった正面にLDKが配置するような間取りとしています。

 「玄関を入ってすぐにキッチンというと、主婦的な感覚からすると嫌がる人が多いかもしれませんね。でも、ウチはある意味パブリックな感じというか、人もよく集まりますし、むしろ好都合なのかも。そんなことよりも、キッチンから洗濯機、洗濯干場になるサンルームまで一直線という、便利な動線で快適に毎日を暮らせるという方が嬉しいですね」(奥様)。

 

パブリックとプライベートをしっかり分けた

ルート構成に

 Oさんの要望のひとつでもあった「家事動線を便利にする」という点は、こうしてクリア。その他、「1Fを駐車場にする」「夫婦の寝室と、他に個室を1~2部屋取る」という要望もあったのですが、これをクリアするのは難しく、そこで隣接する母屋も活用するという案が浮上。木造の母屋と鉄骨造の倉庫棟を、2階に通路を作ってつなげるというプランが採用されました。

 玄関を入ると正面にLDK、左手の廊下へ進むと母屋の寝室へと続く。パブリックとプライベートがしっかり分けられたルートの構成は、来客の多い家族にとって高い利便性となっています。

 

建築家への仕事の依頼は、

価値観を共有できるかどうかがポイント

 実はOさんは、ハウスメーカーやリフォーム会社に依頼するというのも考えのひとつではありました。しかし、中野さんと話をするうちに、冒頭にもある“価値の変化”という考え方に共感したのだとか。

 「お金の話をしていた時に、中野さんが『必要なところにお金をかけて、要らないところはとことん削る』『他と比べて安くなるかどうかはわからないけれど、価値のあるお金の使い方になることは約束する』と言ってくれて。お金はもちろん安いに越したことはないけど、それ以上に、“価値のあるお金の使い方”という言葉に惹かれましたね。建築家に仕事をお願いする意味っていうのは、まさにそこにあるんじゃないかな?と、改めて思いました」(奥様)。



Before

 1F南側の出入口からは、足を悪くしたご主人のお父さんが楽に出入りできるようなスロープへ。機能性という観点から、この点は以前の仕様のまま。

1F南側の出入口からは、足を悪くしたご主人のお父さんが楽に出入りできるようなスロープへ。機能性という観点から、この点は以前の仕様のまま。

2Fの倉庫は卓球の練習場として使われていた。写っているのは、シニア大会で全国区の選手というご主人のお母さん。

2Fの倉庫は卓球の練習場として使われていた。写っているのは、シニア大会で全国区の選手というご主人のお母さん。

after

鉄骨造で躯体が強いために、壁を豪快に抜いてガレージにすることも可能。コンクリートの塗り壁だった外壁は、ガルバリウム鋼板に。

鉄骨造で躯体が強いために、壁を豪快に抜いてガレージにすることも可能。コンクリートの塗り壁だった外壁は、ガルバリウム鋼板に。

ともすれば堅苦しい印象になりがちなガルバの外観も、新たに設置したサンルームによって可愛らしい印象を演出している。

ともすれば堅苦しい印象になりがちなガルバの外観も、新たに設置したサンルームによって可愛らしい印象を演出している。

「洗濯は毎日のことだから、雨でも大丈夫なように」との奥様からのオーダーから、ベランダだった場所はサンルームに。

「洗濯は毎日のことだから、雨でも大丈夫なように」との奥様からのオーダーから、ベランダだった場所はサンルームに。

居室を確保するために母屋とをつなげた。その通路は、ウォーク“イン”ではなく、ウォーク“スルー”クローゼットにして機能性も確保。

居室を確保するために母屋とをつなげた。その通路は、ウォーク“イン”ではなく、ウォーク“スルー”クローゼットにして機能性も確保。

ソファでくつろぐも良し、ダイニングチェアに座ってテレビを見るも良し、壁際のデスクでPCをするも良し。思い思いの過ごし方ができるのが特長。

ソファでくつろぐも良し、ダイニングチェアに座ってテレビを見るも良し、壁際のデスクでPCをするも良し。思い思いの過ごし方ができるのが特長。

玄関から入ってすぐ。「ここが家の顔になるので印象的に。ショーケースが欲しいというご要望もあったので、“魅せ方” を考えました」(中野さん)。

玄関から入ってすぐ。「ここが家の顔になるので印象的に。ショーケースが欲しいというご要望もあったので、“魅せ方” を考えました」(中野さん)。

母屋の主寝室。こちらは木造だが、壁を取り払うと立派な梁があることが判明し、ここでも“魅せ方”を意識した仕上げが施されている。

母屋の主寝室。こちらは木造だが、壁を取り払うと立派な梁があることが判明し、ここでも“魅せ方”を意識した仕上げが施されている。

サンルームからLDKを見る。洗濯機はすぐ近くにあり便利・・・というだけでなく、家事動線が一直線で使いやすいということがよく分かる。

サンルームからLDKを見る。洗濯機はすぐ近くにあり便利・・・というだけでなく、家事動線が一直線で使いやすいということがよく分かる。


Oさんの夢を叶えた建築家

[建築家]

中野次郎

中野氏


設計コンセプト

「そこには母屋と廃業した豆腐工場があった。引退はしていたが元気だった父親が突然倒れた。病院での闘病リハビリ中に、母屋をユニバーサル住宅にリノベーション。この仕事を通して、離れて暮らしていた長男家族の心が動いた。使われなくなった豆腐工場跡をコンバージョンして住むことを決めた。機能や見た目のデザインをすることにとどまらず、かつて家族が集ったこの場所に、賑わいを取り戻すお手伝いをさせていただいた。家族の関わり方をもデザインさせていただき、建築家冥利に尽きる仕事だった」


設計のこだわり、苦労したところ

「鉄骨造の豆腐工場跡の変化のある形状を、リビングダイニングひと間で利用し大らかな広がりを求めた。すると、寝室などプライベートな空間が工場跡からはみ出さざるを得ず、母屋の2階を利用することとなった。このふたつのつなぎ方には少し工夫を要した。つなぎ目に、浴室やクローゼットを配し用途を持たせることにより、つなぎ目をただの通路とせず、プランに馴染ませた。また、ゲストの多いこの家族にとって、本当のプライベートを確保する切替えの空間になった」


建築データ

■家族構成

施主、妻、子供2人(27歳、21歳)

■構造・工法

 鉄骨造リノベーション

■延床面積

合計 168.6m2(約51坪)

1階 24.6m2(約7.45坪)

2階 103.3m2(約31.3坪)

■スケジュール 設計期間

 2010年3月~2010年7月

■工事期間

 2010年9月~2010年11月

■設計監理

ナカノジロウ建築デザイン事務所

■施工

 谷崎建設・設計事務所

中野次郎_図面1 中野次郎_図面2
O邸間取り

1 ENTRANCE

2 WC

3 P.Room

4 E.V

5 KITCHEN

6 DINING

7 BATH

8 DATUI

9 W.I.C

10 M.Bed.r

建てようネット旧ブログ