だから、平家。

» 2019/05/26/

久住高弘の平家- 1


久住高弘の平家- 1

石井町・O邸

2015.10 o住宅

家族全員の思いを聞き

想像以上の形をつくる

 

6年もの歳月をかけて完成したこだわりの家

 

 建てようネット﹇徳島﹈に登録している中でも、久住さんは特に平家の事例が多い建築家だ。自ら提案することもあれば、施主との話し合いの結果として平家が生まれることも少なくないという。

 「敷地面積や周辺環境とのバランス、住む方々の要望など、設計条件が整うのであれば、平家を勧めたいですね」。

 2015年に完成した石井町のO邸。久住さんからの提案で平家となった住まいだが、設計者が決まるまで、何と6年もの歳月を必要としたそう。その理由は、家族一人ひとりの住まいに対するリクエストが異なっていたからだった。

 「隣接する店舗で常に家族が一緒に働いているため、自宅ではそれぞれが思い思いの暮らしを望まれていました。敷地などの条件のもと、屋内で個々のプライバシーを守り、屋外で周囲からの視線を避けるには、2階建てよりも平家だろうと考えたんです」。

 6年の間には多くの設計者がさまざまな提案をしてきたが、平家というプランは初めてだった。施主も一目で気に入ってくれたという久住案は、2つのハイサイドライトと4つの中庭で採光と通風を確保。カーテンを閉めずに家族全員が快適に過ごすことができる生活を見事に実現した。

 「それぞれ住まいへの強いこだわりがあるご家族でしたが、やりがいがある設計でした」と笑顔を見せる久住さん。心豊かに生活できる空間づくりを重視する建築家にも、石井町のO邸という平家は、忘れられない一棟となっている。



直方体が連続するイメージのスタイリッシュな外観。目隠しを兼ねたコンクリート・スクリーンで区切られた4つの中庭を内包している。

直方体が連続するイメージのスタイリッシュな外観。目隠しを兼ねたコンクリート・スクリーンで区切られた4つの中庭を内包している。

 

施主の強いこだわりが反映されたLDK。昼間はハイサイドライトからの柔らかな光、夜は3本のペンダントライトが美しく空間を照らし出す。

施主の強いこだわりが反映されたLDK。昼間はハイサイドライトからの柔らかな光、夜は3本のペンダントライトが美しく空間を照らし出す。

 

ダイニングキッチンからリビングを臨む。忙しく毎日を過ごす家族全員が集う憩いの場所が、建築家の設計によって見事に実現した。

ダイニングキッチンからリビングを臨む。忙しく毎日を過ごす家族全員が集う憩いの場所が、建築家の設計によって見事に実現した。



設計コンセプト

kusumi2018-001

「長い歳月をかけ家族の強い思いで完成したo 住宅。計画は中庭を挟み親世帯・子世帯を配置し、コンクリート・スクリーンで構成された4 つの中庭と、2 つのハイサイドライトが居住空間を豊かに演出する。隣接する自営店舗で忙しい毎日を過ごしている中で、非日常空間を味わえるような演出は家族の要望でもあった」( 久住)



建築データ

■ 家族構成 : 祖母・父・母・施主・妹

■ 構造 : 鉄筋コンクリート造

■ 工法 : 壁式工法

■ 敷地面積 : 713.34m2( 約215.78坪)

■ 延床面積 : 合計 196.47m2( 約59.43坪)1階 196.47m2( 約59.43坪)

■ スケジュール :

設計期間 2014年1月~2014年11月

施工期間 2015年1月~2015年10月

■ 設計監理 : 久住建築設計事務所

■ 施工 : 井上建設



O邸間取り

① 玄関

② 和室

③ LDK

④ パントリー

⑤ 仏間

⑥ WC

⑦ 洗面

⑧ クローゼット

⑨ 寝室 1

⑩ 寝室 2

⑪ 勝手口

⑫ 脱衣洗面

⑬ 浴室

⑭ 洋室 1

⑮ 洋室 2

⑯ 中庭

hiraya-kusumi01

 

【情報掲載日/2016年11月25日】

その他の平屋特集はこちらから

hiraya

建てようネット旧ブログ