建築家のリノベーション

» 2019/08/02/

兼間至公のリノベーション


建築家

兼間至公

 

住宅 [小松島市・O邸]

 O邸改装工事

 

耐震設計に秀でた建築家だからこそのリフォームが実現

 

 

リビングとダイニングキッチンとを隔てる耐力壁は、リフォームの証であり、言わばこの家の象徴。その存在感が安心を感じさせてくれる。

リビングとダイニングキッチンとを隔てる耐力壁は、リフォームの証であり、言わばこの家の象徴。その存在感が安心を感じさせてくれる。

 

お金では割りきれない思いがあるからこそリフォームを

 

 Oさんのリフォームは、計画を始めた時点から前途多難でした。「鉄筋コンクリート造壁式構造」という、一見すると強い構造のように感じますが、所見した兼間さんによると「いつ崩れてもおかしくないような構造」だったのです。「コンクリート壁自体は問題ではありませんでした。問題は、お城と一緒でお神楽になっていたこと。梁の上に上階を乗せるというお神楽式の建て方は、どうしても梁の部分が弱くなってしまうんですね」(兼間さん)。

 それでも、リフォームとして進めたかった理由は、ご主人のお父さんが建てた思い入れの強いお家だったからです。「これはもう、理屈ではないんですね。お金では割りきれない思いがある家だったものですから、あくまでリフォームにこだわったんです」(ご主人)。

 

リビングとダイニングの間に壁を入れて耐性を確保

 

 そうして始まったリフォームですが、壁式構造の特性上、外枠はもちろん、室内の壁も取り除くことはできませんでした。つまり、自由に間取りを作ることができなかったのです。それどころか、耐性の弱さ故に新たに壁を足す必要も。そこで考えられたのが、リビングとダイニングの間に設置された太くて大きな柱のような壁でした。

「リビングに新たに壁を1枚入れることで耐性を確保する。それを中心としてプランを考えてみよう、というところがスタートになりました。ここに壁を作ること、そして新たにキッチンとする場所も含めて2階を支える構造にしたんです」(兼間さん)。

 この壁がなかったら開放的な空間になるのに…と思えなくもないですが、「強い家にする」という目的の達成が何より最優先でした。

「普通の木造の家でも大黒柱と呼ばれるものがあるわけですし、あまり気にしていません。この存在感は、この家を支えてくれていると考えると、愛着さえ感じさせてくれます」(ご主人)。

 

耐震設計の知識・経験がある兼間さんだからこその仕事

 

 O様邸のような案件こそ、建築家の技量が問われる仕事もないかもしれません。というのも、兼間さんは沖洲幼稚園や八万小学校など公共事業の耐震診断をいくつも手がけており、その知識と経験がいかんなく発揮されたのです。

 一般的なハウスメーカーやリフォーム会社では難しい案件だったことでしょう。いやむしろ、「40年も大丈夫だったんだから、これからもこのままで大丈夫だろう」などと軽く引き受けられでもしたら、そちらの方が大問題。そう考えると、「壁の量を計算して、外壁に入っているひび割れの長さも全部測って…と、構造体の確認は特に念入りに行いました」という兼間さんだからこそ成し得た、快適性とともに安全性も確保したリフォームと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

before

1階の応接室だった場所は、窓の反対側で襖を隔てて和室とつながる大空間。しかし、応接室の真ん中あたりに2階が乗っかる格好で、強度に不安のある設計だった。

1階の応接室だった場所は、窓の反対側で襖を隔てて和室とつながる大空間。しかし、応接室の真ん中あたりに2階が乗っかる格好で、強度に不安のある設計だった。

1階の台所は、建物の中で最も北側の暗い場所。昔ながらと言えばそれまでだが、開放感や家族のつながりという点ではもの寂しい場所だったと言える。

1階の台所は、建物の中で最も北側の暗い場所。昔ながらと言えばそれまでだが、開放感や家族のつながりという点ではもの寂しい場所だったと言える。




after

耐性を確保するという都合上、キッチンの場所は決まっており、必然的に広いスペースに。「おかげで子どもが料理をよく手伝ってくれるようになりました」(奥様)。

耐性を確保するという都合上、キッチンの場所は決まっており、必然的に広いスペースに。「おかげで子どもが料理をよく手伝ってくれるようになりました」(奥様)。

引き戸を配したこの壁も、耐性を確保する上で必要不可欠な箇所だった。リビングの壁と向かい合う形で、2階の重みを支えている。

引き戸を配したこの壁も、耐性を確保する上で必要不可欠な箇所だった。リビングの壁と向かい合う形で、2階の重みを支えている。

以前は台所だった場所は、客間となる和室へ。壁紙には土佐和紙を使用することで、なんとも形容のしがたい温かみを醸している。

以前は台所だった場所は、客間となる和室へ。壁紙には土佐和紙を使用することで、なんとも形容のしがたい温かみを醸している。

2階の2室は子ども部屋へ。「周囲が田んぼで、子ども部屋からの眺めがこの家の中では一番良いんです。ちょっと羨ましい(笑)」(ご主人)。

2階の2室は子ども部屋へ。「周囲が田んぼで、子ども部屋からの眺めがこの家の中では一番良いんです。ちょっと羨ましい(笑)」(ご主人)。

リフォームに合わせてピアノの購入も決まっていたO邸。ちなみに、床板はすべて桜の木で、「ほのかなピンク色が温かい感じがして好きです」(奥様)。

リフォームに合わせてピアノの購入も決まっていたO邸。ちなみに、床板はすべて桜の木で、「ほのかなピンク色が温かい感じがして好きです」(奥様)。

応接室と和室の続き間だった場所がLDKへ。大きな窓も配置され、奥様のお父さんが手入れしている和の庭園を眺めることができる。

応接室と和室の続き間だった場所がLDKへ。大きな窓も配置され、奥様のお父さんが手入れしている和の庭園を眺めることができる。

リビングとダイニングキッチンとを隔てる耐力壁は、リフォームの証であり、言わばこの家の象徴。その存在感が安心を感じさせてくれる。

リビングとダイニングキッチンとを隔てる耐力壁は、リフォームの証であり、言わばこの家の象徴。その存在感が安心を感じさせてくれる。

真っ白な外観は、バルコニーを全て撤去し、すっきりと。外壁には計98メートルものひび割れがあったそうで、その修繕はしっかりと行われている。

真っ白な外観は、バルコニーを全て撤去し、すっきりと。外壁には計98メートルものひび割れがあったそうで、その修繕はしっかりと行われている。

 

 

 

 

Oさんの夢を叶えた建築家

[建築家]

兼間至公

kanema

 

設計コンセプト

「新築ではなく改装リノベーションだとしても、建築主が住んでおもいきり心地よい室内を設計しなければならないと考え、暖かくやさしい気持ちで設計しました。全て撤去し、構造体のコンクリート部分のみを遺すところから始まった」

 

設計のこだわり、苦労したところ

「既存コンクリート壁は全て耐力壁なので自由な間取りが難しく、また補強のために必要な耐力壁を組み入れ、より複雑になった。外壁には浮きやひび割れがあり、特にひび割れは計98メートルもの長さであった。そのため、構造体の確認は非常に重要だった」

 

建築データ

■家族構成

施主(46歳)、妻(41歳)、子供2人(9歳・8歳)

■構造・工法

鉄筋コンクリート造壁式構造

■延床面積

合計 157.60m2( 約47.67坪)

1階 114.61m2( 約34.67坪)

2階 42.99m2( 約13.00坪)

■スケジュール

設計期間 2012年12月~2013年6月

工事期間 2013年6月~2013年12月

■設計監理

兼間建築設計研究所

■施工

姫野組

 

 

O邸間取り

1 ポーチ

2 玄関

3 居間

4 食堂

5 台所

6 ピアノ

7 テラス

8 洗い場

9 便所

10 和室

11 寝室

12 浴室

13 脱衣所

14 子ども部屋

 

兼間至公_図面1 兼間至公_図面2

建てようネット旧ブログ