だから、平家。

» 2019/05/31/

兼間至公の平家- 2


兼間至公の平家- 2

鳴門市・N邸

大麻の家

伝統的な和風建築を

アップデートする力

 

新たに建てる住まいに重厚さや品格を与える

100年以上の歳月を経た日本家屋を取り壊し、その後に建てるべき家は、どのようなものがふさわしいのだろう。その答えの一つが兼間さんの設計した『大麻の家』である。

 「もともとは庄屋を務めるような豪農の家だったようです。

リノベーションが難しいほど傷んでいたため、新たに建て替えることになりました」。

 建築家が目指したのは、現代人が忘れがちな重厚さや品格を持つ落ち着いた住まい。普段は個性的な住宅デザインで知られる兼間さんだが、今回は伝統的な和風建築の表情を有する平家を創りあげた。

 施主から出された条件は、庭に面した広縁を持つ二間続きの和室をつくること。住まいの中核となる空間のため、吹寄天井や筬欄間といった職人の技を随所に取り入れている。各部屋の配置や施主の父が暮らす入母屋造りの離れとも調和させる巧みな設計も優れた部分だといえるだろう。

 また、この『大麻の家』では、屋根に凝った工夫が施されている点も見逃せない。片方を寄棟、もう片方を切妻として両者を組み合わせ、屋根の下に六切り銅板で下家をつけた。玄関前のポーチに建つ6本の壁柱と相まって、現代的な雰囲気を創出している。

 「長屋門や中門まであるようなトラディショナルな家ですが、ただ伝統をなぞるような住まいでは、僕が創る意味がない。そう考えています」。

 昔ながらの和風建築をベースにした平家も、建築家の手にかかると、このようにアップデートされることがわかる。



新築とは思えない重厚な雰囲気を持つN邸。寄棟と切妻を組み合わせた屋根の変化、六切り銅板を用いた下家、6本の壁柱など、多くの見るべきポイントがある。

新築とは思えない重厚な雰囲気を持つN邸。寄棟と切妻を組み合わせた屋根の変化、六切り銅板を用いた下家、6本の壁柱など、多くの見るべきポイントがある。



新築された母屋と一緒に生まれ変わった長屋門。水路と練塀で囲まれた由緒ある屋敷だけに、ここも新しく建築家によって建て替えられた。

新築された母屋と一緒に生まれ変わった長屋門。水路と練塀で囲まれた由緒ある屋敷だけに、ここも新しく建築家によって建て替えられた。



格子戸の玄関を一歩入ると、そこは高級ホテルのような雰囲気の空間に。現代の暮らしやすさを伝統的な建物にミックスさせる工夫が見られる。

格子戸の玄関を一歩入ると、そこは高級ホテルのような雰囲気の空間に。現代の暮らしやすさを伝統的な建物にミックスさせる工夫が見られる。

 

設計コンセプト

kanama2018-001

「100 年以上経た家を撤去して建替えた家。水路と練塀で囲まれ敷地庭に池が二か所あり由緒ある屋敷で長屋門も建替え。敷地面積は一部はずして1808.21m2 546.98 坪蔵離れ倉庫など全て合わせると415.10m2 125.56 坪です。重厚さや品格など現代人が忘れがちの大切なコンセプトが必要でした」(兼間)



建築データ

■ 家族構成 : 祖母・施主・妻・子供2人

■ 構造 : 木造

■ 工法 : 在来工法

■ 敷地面積 : 1808.21m2( 約546.98坪)

■ 延床面積 : 合計 196.36m2( 約59.39坪)1階 196.36m2( 約59.39坪)

*新築部分のみ

■ スケジュール :

設計期間 1999年2月~2000年2月

施工期間 2000年2月~2000年10月

■ 設計監理 : 兼間建築設計研究所

■ 施工 : 大和建設工業



N邸間取り

① ポーチ

② 玄関

③ ホール

④ 居間

⑤ 子供室

⑥ 食堂

⑦ 和室

⑧ 洗面所・脱衣室

⑨ 中庭

⑩ 寝室

⑪ 便所

⑫ 浴室

 hiraya-kanema02

 

【情報掲載日/2016年11月25日】

その他の平屋特集はこちらから

hiraya

建てようネット旧ブログ