だから、平家。

» 2019/05/20/

松田公彦の平家


松田公彦の平家

鳴門市・松田公彦自邸

倚渦(いか)

 

機能性を最小限に抑え

自由な空間を創造する

 

目的により用途を変える〝融通無碍〟な形が魅力

 

 自分の設計した家に住んでいる建築家は意外と少ない。しかし、ほかならぬ自分の家だからこそ、実現できることがあるはずだ。松田さんが2014年に建てた『倚渦』は、全国の建築家からも大きな注目を集めた平家の一つである。

 「ここ数年、ずっと建築で表現してみたい3つのテーマがありました。現時点における到達点が『倚渦』ですね」。

 松田さんが考え続けているテーマとは「素材」「曖昧さ」「可変性」。コンクリートと金属、ガラスと木材を用い、それぞれの素材のディテールやフォルムを際立たせるための使い方を考え抜いたという。

 さらに、土間や濡縁などを含むすべての空間は、全開可能な木製建具や太鼓張りの障子などで曖昧に仕切られ、用途が変えられる可変性を持つ。

 「合計で100を超える建具の開閉と使う人の目的次第で、空間の拡大や縮小はもちろん、収納や通路にさえもできる。機能性を最小限にすることで、自由な家が生まれたんです」。

 松田さん夫婦と4人の子供たちが毎日を暮らす『倚渦』。平家としては広い部類だが、一人ひとりの気配が感じられるのは、障子や可動家具を基本とした間仕切りのおかげだ。

 「ある程度の光や音を通すことで、互いの気持ちを思いやる生活にもつながっていると思います」と松田さんは笑う。

 内でもあり、外でもある濡縁から雨戸を開けると、庭から小川に下りられる点も面白い。きっと、松田さんが鳴門で生まれ育った経験が『倚渦』へとつながったのだろう。



居室の床面と同じ高さに整えられた濡縁の雨戸を開け放つと、ますます内と外との境界線は曖昧になっていく。何とも不思議と居心地の良い平家である。

居室の床面と同じ高さに整えられた濡縁の雨戸を開け放つと、ますます内と外との境界線は曖昧になっていく。何とも不思議と居心地の良い平家である。

 

太鼓張りの障子をすべて閉めると、ダイニングキッチンだけが独立した空間に変貌する。ぼんやりとした光に浮かび上がる様子は、まるで別の住まいを見ているかのようだ。

太鼓張りの障子をすべて閉めると、ダイニングキッチンだけが独立した空間に変貌する。ぼんやりとした光に浮かび上がる様子は、まるで別の住まいを見ているかのようだ。



大きな白い鳥が翼を広げたような左右対称の形が美しい松田公彦自邸。整然とした外観からはすべての空間が曖昧に仕切られているような印象は受けない。

大きな白い鳥が翼を広げたような左右対称の形が美しい松田公彦自邸。整然とした外観からはすべての空間が曖昧に仕切られているような印象は受けない。



設計コンセプト

matsuda2018-001

「機能性を最小限に抑えた空間は、自然環境・家族・不便さとさえ距離を密にし、あらゆる要素と対峙し肯定・尊重する。そして、住み手のアイデアによりマイナス要因は徐々に調和され、未完成の堤に植えられた4本の枝垂桜が周囲にも広がり、水尾を覆う時には地域に馴染んだ暮らしの風景が生まれる」( 松田)



建築データ

■ 家族構成 : 施主・妻・子供4人

■ 構造 : 木造

■ 工法 : 在来工法

■ 敷地面積 : 884.24m2( 約267.9坪)

■ 延床面積 : 合計 211.99m2( 約64.2坪)1階 211.99m2( 約64.2坪)

■ スケジュール :

設計期間 2011年10月~2013年1月

施工期間 2013年5月~2014年3月

■ 設計監理 : MATSUDA Kimihiko

Studio

■ 施工 : 姫野組



M邸間取り

① 玄関

② 土間

③ キッチン

④ 濡縁

⑤ ユーティリティ

⑥ 浴室

⑦ トイレ

⑧ 室

⑨ テラス

 hiraya-matsuda01

 

【情報掲載日/2016年11月25日】

その他の平屋特集はこちらから

hiraya

建てようネット旧ブログ