だから、平家。

» 2019/06/01/

野口政司の平家- 1


野口政司の平家- 1

阿南市・N邸

トネリコ庵

 

住まい方の変化に対応

〝離れ〟という選択肢

トネリコの樹が見守る家族全員の集まる場所

 

 年月の経過とともに家族のライフスタイルは変わっていく。子供が成長すれば、最初は広々としていた住まいも、それぞれの持ち物が増え、やがて手狭に感じるようになる。

 阿南市のN邸は、自然素材を豊富に用いる野口さんの家に施主が惚れ込み、再三のラブコールで完成した住まいだ。何の問題もなかったが、3人目の子供が生まれたタイミングで、今後の生活を見据えた増築を依頼されたという。

 「そこで考えたのが、母屋を広くするのではなく〝離れ〞をつくるというプランです」。

 しかし、大変なのはそこからだった。離れを建てるための土地は、母屋の奥に残る三角形の狭小地。さまざまなデザインを考えたが、どうしてもしっくりこない。扇型の平家という最終案に至るまで、何度もプランを練り直したと野口さんは当時を振り返る。

 「目指したのは、母屋と離れが互いに引き立つデザイン。母屋にはないリビングや書斎、プレイルームの機能を持たせ、誰が過ごしても気持ちの良い空間づくりを意識しました」。

 小さなキッチンやトイレ、ホームシアターに薪ストーブまで完備したこの離れは、家族全員が愛する場所となった。

 「母屋を建てた時、三角形の土地の頂点に、シンボルツリーとしてトネリコの樹を植えてもらいました。そこから同心円上に広がっていく扇型の離れですから、私は『トネリコ庵』と呼んでいます」。

 母屋ではなく、離れとして平家を建てるのも悪くない。そう思える好例がここにある。



薪ストーブにホームシアターというリラックスするには最適な空間。基本は書斎兼プレイルームだが、家族全員が集まるリビングとしての役割も果たしている。

薪ストーブにホームシアターというリラックスするには最適な空間。基本は書斎兼プレイルームだが、家族全員が集まるリビングとしての役割も果たしている。

 

ホームシアター用のスクリーンを引き上げると、そこには逆三角形の個性的な窓が。顔を覗かせているのはN邸のシンボルツリーであるトネリコの樹だ。

ホームシアター用のスクリーンを引き上げると、そこには逆三角形の個性的な窓が。顔を覗かせているのはN邸のシンボルツリーであるトネリコの樹だ。



母屋から見るトネリコ庵。現代では決して多いとはいえない“離れ”だが、あえて母屋を増築しないという選択肢も住まい方としては面白い。

母屋から見るトネリコ庵。現代では決して多いとはいえない“離れ”だが、あえて母屋を増築しないという選択肢も住まい方としては面白い。



設計コンセプト

noguchi2018-001

「3人目の子供さんが生まれ、10年前に建てた母屋が手狭になり、書斎とプレイルームを兼ねた離れを建てることに。敷地が三角形のため配置に苦労しましたが、逆に非日常の面白い空間が生まれました。ホームシアターのスクリーンを上げると、シンボルツリーのトネリコが眺められ、家族全員が集う楽しい団らんのスペースです」( 野口)



建築データ

■ 家族構成 : 施主・妻・子供3人

■ 構造 : 木造

■ 工法 : 在来工法

■ 敷地面積 : 243.17m2( 約73.56坪)

■ 延床面積 : 合計 24.3m2( 約7.35坪)1階 24.3m2( 約7.35坪)

■ スケジュール :

設計期間 2012年2月~2012年7月

施工期間 2012年9月~2012年12月

■ 設計監理 : 野口建築事務所

■ 施工 : 野口建築事務所



N邸間取り

① 家族室

② ホームシアター

③ トイレ

④ ミニキッチン

⑤ トネリコ

 hiraya-noguchi01

 

【情報掲載日/2016年11月25日】

その他の平屋特集はこちらから

hiraya

建てようネット旧ブログ