だから、平家。

» 2019/05/14/

開達也の平家- 1


開達也の平家- 1

阿南市・I邸

N house

 

緻密に考え抜かれた

N型デザインの魅力

 

敷地条件と機能性から導き出されていく回答

 

 家といえば、箱型の建物を思い浮かべるのが普通だろう。しかし、開さんの設計した平家の中には、アルファベットの〝N〞の形をした家がある。

 「施主から出された条件は、デザイン性と機能性とを両立させること。N型デザインの平家というプランは、さすがに驚かれましたが、とても気に入っていただけました」。

 ともすれば、形の面白さから奇をてらったのではと疑いたくなるが、そんなことはない。これは敷地条件を最大限に生かすため、緻密に考え抜かれたプランなのだ。『N house』へと至る過程を聞いていこう。

 「まず建築予定地が南北軸からずれているため、光と風の確保をどうするか。そして、南北にある民家からの視線をどう遮るか。これらを解決するアイディアが必要でした」。

 発想の原点はすべての部屋(ボックス)を機能別に「玄関・水回り」「LDK・寝室」「子供室」と3列に分類するところから。次にそれぞれの列を独立させ、光と風を取り入れられるように改良。中央列の「LDK・寝室」を南北軸に合わせて回転させ、南からの太陽の恵みを十分に受けられる住まいを創りだした。

 「結果的にN型デザインとなりましたが、外部にできた三角状スペースにも機能を持たせています。北側は脱衣室とクロークへ直結している物干し、南側は広々とした田園風景を望む空間となりました」。

 確かに変則的ではあるが、生活動線の短縮や外部空間の活用などメリットは多い。興味深い平家のプランである。



ほかの2列に囲まれているため、周囲の視線を気にする必要はない。広々としたリビングは家族がゆったり安心して過ごすことができる空間となった。

ほかの2列に囲まれているため、周囲の視線を気にする必要はない。広々としたリビングは家族がゆったり安心して過ごすことができる空間となった。

 

N字型の中央列にあたる「LDK・寝室」エリア。変則的なプランだが、居心地の良さは折り紙つき。考え抜かれた生活動線も快適さを生む理由の一つだ。

N字型の中央列にあたる「LDK・寝室」エリア。変則的なプランだが、居心地の良さは折り紙つき。考え抜かれた生活動線も快適さを生む理由の一つだ。



すっきりとまとめられたI 邸。シンプルで都会的なイメージの美しい平家だが、最大の特長はデザイン性と機能性とを両立させたN型である点だろう。

すっきりとまとめられたI 邸。シンプルで都会的なイメージの美しい平家だが、最大の特長はデザイン性と機能性とを両立させたN型である点だろう。



設計コンセプト

hari2018-001

「平面プランを N 字形とし、三角状にできた 2 つの外部空間ができる。南側は光を取り込み、眺望を楽しめる遊びの空間になり、北側は水廻りとキッチンの間に出来た物干し空間となる。変則的なプランだが、生活の楽しみと機能性を両立させた住宅となっている」( 開)



建築データ

■ 家族構成 : 施主・妻・子供2人

■ 構造 : 木造

■ 工法 : 在来工法

■ 敷地面積 : 440.05m2( 約133坪)

■ 延床面積 : 合計 129.75m2( 約39坪)1階 129.75m2( 約39坪)

■ スケジュール :

設計期間 2011年11月~2012年12月

施工期間 2012年12月~2013年5月

■ 設計監理 : 開建築設計事務所

■ 施工 : 司工務店



I 邸間取り

① 玄関

② 和室

③ シューズクローク

④ 納戸

⑤ 坪庭

⑥ 洗面

⑦ 浴室

⑧ 脱衣室

⑨ リビング

⑩ ダイニング

⑪ キッチン

⑫ 食品庫

⑬ クローク

⑭ 寝室

⑮ 子供室

 

hiraya-hari01

 

【情報掲載日/2016年11月25日】

その他の平屋特集はこちらから

hiraya

建てようネット旧ブログ