家相四方山雑記

» 2014/08/25/

[不定期連載]家相四方山雑記 其の19「お勧めしたい、家族の部屋割りパートⅤ実例編・・・の巻」


 建てようネット[徳島] 不定期 家相コラム

家相四方山雑記

家を建てる前に知っておきたい家相のあれこれ。

文/武知司竜

9月号家相コラム画像

建てようネット[徳島] 不定期 家相コラム

家相四方山雑記

家を建てる前に知っておきたい家相のあれこれ。

文・写真/武知司竜

其の二十

お勧めしたい、家族の部屋割りパートⅤ実例編・・・の巻

 前回、実際にあった、私が関わった実例の致しましたが、今回も実例その2を紹介したいと思います。今回は私が直接鑑定した訳ではございませんが、知人のお宅のお話です。

 古くから続く大きな商家なのですが、子宝にも恵まれ、お子さんも4人も居られるのに、跡取りとして代を継ぐ子が居られない様子。ご時勢と言ってしまえばそれまでですが、商売の形も決して新しいとは言えず、経営が順調とは言えないものの、大きな借金が残っている訳でもなく、逆に大きな土地屋敷は維持されており、外から見る分には、若い力と創造で、新たな商売の展開も有りそうな気がするのですが、そういった意欲を持つ跡継ぎが育たず、いずれ商売をたたむのではないかと言う状況。

 長女は嫁ぎ、長男は家業を継ぐつもりだったようですが、現在は家を出て、サラリーマンとして家庭を持って生活。次男もサラリーマンとして家を出て生活しており、唯一次女だけが家に残り、祖父母、両親と暮らしているのですが、跡を継ぐ意思は無いようです。

 ある日私は、この家に家相学的に見て、問題と不思議な共通性がある事に気付きました。まず問題点として、大きな土地屋敷ではあるのですが、北東方角(鬼門)に欠けがある事。前にもお話したと思いますが、北東方角は跡継ぎ、相続人を意味する方角で、この方位に欠けのあるお宅は、跡取りが出来難い暗示が強くあります。そう言った点からも、跡取りが育ち難いお宅であるという事。

 次に挙げた共通性と言うのが、敷地の東南方位に離れがあるのですが、そこを自室として使った子供が次々に家を出て独立し、個々に家庭をもった事。前々回より申すように、東南方位は外に縁をもちやすく、この方位にある部屋を子供に使わせると、独立して家を出て行ってしまう事が多いのです。私はこの二点から、この家に跡取りが定着しない理由を感じずにはいられません。

 あと、今も家に残っていると言った、次女ですが、この子が使っている部屋は北東から東方位と言う事です。最後まで家に残っている子がこの方位の部屋に居るのも不思議な作用であり、何よりこの子が最も、家族、両親、兄妹の繋がりを大切に考えている事も不思議な作用と感じてしまいます。家族の部屋割りとその作用を、解説、実例と挙げてきましたが、この手の実例は多く、鑑定する私も不思議な気持ちをいつも持ちます。(武知司竜)

 

過去バックナンバーはこちら。

其の一「家相・地相のルーツの巻」
其の二「鬼門を知る パートⅠの巻」
其の三「家相と九星と風水と・・・の巻」
其の四「鬼門を知るパートⅡの巻」
其の五「庭の吉凶あれこれ・・の巻」
其の六「庭の吉凶あれこれパートⅡ・・の巻」

●其の七「家相と方位と植物・・の巻」

● 其の八「方位の吉凶、東の方位編・・・の巻」

● 其の九「方位の吉凶、東南の方位編・・の巻」

● 其の10「方位の吉凶、南の方位編・・の巻」

 ● 其の11「方位の吉凶、南西(裏鬼門)の方位編・・の巻」

 ● 其の12「方位の吉凶、西の方位編・・の巻」

● 其の13「方位の吉凶、西北の方位編・・の巻」

 ● 其の14「方位の吉凶、北の方位編・・の巻」

 ● 其の15「方位の吉凶、北東(鬼門)の方位編・・の巻」

 ● 其の16「お勧めしたい、家族の部屋割り・・・の巻」

 ● 其の17「お勧めしたい、家族の部屋割りパート2・・・の巻」

 ● 其の18「お勧めしたい、家族の部屋割りパート3・・・の巻」

 

 

建てようネット旧ブログ