建築家のリノベーション

» 2019/08/01/

野口政司のリノベーション


 

建築家

野口政司

 住宅 [寝屋川市・T邸]

 丸い大黒柱のある家

 

 

職人たちの技術を、趣向を、

そして想いを継承していく

「丸い大黒柱のある家」

 

1F和室から広縁を見る。大黒柱は、言葉通りに家を支えるものとして、また夫婦の思い出の中心としてあり続けることになる。

1F和室から広縁を見る。大黒柱は、言葉通りに家を支えるものとして、また夫婦の思い出の中心としてあり続けることになる。

 

見る目のある建築家だからこそ、

壊すのではなく再生させることを選択

 

大阪府寝屋川市に建つ築80年超の民家。もともとは徳島で建てられ、ご主人のお父さんがいたく気に入ったために、戦後になって大阪へ移築したものでした。

ご主人にとっては幼少期を過ごした思い入れのある家ではありますが、経年による劣化から、「建て直した方が良いのでは?」と考えたそう。しかし、そんな相談を受けた野口さんが、「立派な入母屋造りで、随所に見られる材の良さや意匠も値をつけることが難しいほど。“再生”という形で残しましょう」という提案をしたことで、リフォームの手が入れられることになったのです。

 

ジャッキアップして傾きを直すなど大掛かりな工事に

 

大きな問題だったのが、阪神淡路大震災の影響から建物が傾いていたことでした。昭和初期には、耐震に関しての規制はありません。現代の基準を当てはめられるべくもなく、また屋根の瓦の重みも手伝って、大地震に耐えられなかったのです。そこで今回のリフォームでは、何より耐震性を確保するということに念頭が置かれました。

家自体をジャッキアップして下にコンクリートを打って傾きを直し、建物を支える楓の大黒柱を新たに導入。壁材も新たにし、一方では趣のある佇まいはそのままに、強度の確保を実現したのです。

 

曲がりのある松の木の梁を、機能美として魅せる設計

 

必要なところに壁を入れつつ、それでも当時の面影を感じながら生活してもらえるようにと、間取りやしつらえに大きく手を加えることは、あえてしていません。ひとつ、大きく変えたところと言えば、1Fの寝室とした8畳の部屋でしょうか。

「状態を見るために天井を開けたら、立派な松の木の梁が幾重にもなっていたんです。建物全体を支えるための梁と、建物の外に出ている破風を支えるための梁があって。現代では長方形に製材された構造材を使うことが多いですが、このお宅では曲がった松の木を当時の大工さんが上手に組み上げている。せっかくだからこの機能美を見せたいと思って、ちょうどこの部分には2Fがなかったこともあって、吹き抜けにして大胆に演出したんです」(野口さん)。

 

腕の良い大工が建て、腕の良い建築家によって再生

 

随所に“古き良き”を感じさせるお宅ですが、キッチンだけは別でした。「建物は古くても、私は新しく生きたいんで(笑)」という奥様のご要望で、ドイツ製のビルトインキッチン「GAGGENAU(ガゲナウ)」を入れるなど、白を基調とした整然とした雰囲気に。とはいえ、昔ながらの和の雰囲気とも調和するようにスサを練り込んだ珪藻土の塗り壁にするなど、現代人ならではの趣向も凝らされています。

「こんなになるとは思っていなかったんでね、正直、ビックリしました(笑)。この家を建てたのは腕の良い大工さんだと聞いていますし、今回、新たに生まれ変わらせてくれたのも腕の良い建築家。築80年超と古い家ですが、これからまた何十年と、私たち家族を見守ってくれたらと思います」(ご主人)。

 

 

 

外観は当時のままに。瀟洒な邸宅が並ぶ寝屋川市の住宅街にあって、その堂々たる佇まいはひときわ存在感を放っている。

外観は当時のままに。瀟洒な邸宅が並ぶ寝屋川市の住宅街にあって、その堂々たる佇まいはひときわ存在感を放っている。

襖やガラス戸はそのまま。壁は塗り替えているが、茶室等に使う土塗壁のため、従来品とも上手く馴染んでいる。

襖やガラス戸はそのまま。壁は塗り替えているが、茶室等に使う土塗壁のため、従来品とも上手く馴染んでいる。

襖は特別なサイズのため、描かれた絵も含めて一点もの。欄間の透かし彫りも見事な職人技で、「残さないわけにはいかなかったですね」(野口さん)。

襖は特別なサイズのため、描かれた絵も含めて一点もの。欄間の透かし彫りも見事な職人技で、「残さないわけにはいかなかったですね」(野口さん)。

建物南側の外観。瓦もすべて葺き直し、新たに切り落とし一文字瓦を設置したことで、すっきりとしたラインの屋根になっている。

建物南側の外観。瓦もすべて葺き直し、新たに切り落とし一文字瓦を設置したことで、すっきりとしたラインの屋根になっている。

耐震性を確保するために、新たに導入された楓の大黒柱。夫婦のくつろぎの場となる1F和室から広縁を望むと見える、この家の象徴的存在となっている。

耐震性を確保するために、新たに導入された楓の大黒柱。夫婦のくつろぎの場となる1F和室から広縁を望むと見える、この家の象徴的存在となっている。

幾重にも、互いを支え合うようにして巡らされていた松の木の梁。アッパーライトで照らして印象的に魅せるなど、遊び心も含ませた。

幾重にも、互いを支え合うようにして巡らされていた松の木の梁。アッパーライトで照らして印象的に魅せるなど、遊び心も含ませた。

花を生けたりする時には、水場があると便利。「室内の風情を壊さないようにオブジェ風にしたら、しっくりきましたね」(野口さん)。

花を生けたりする時には、水場があると便利。「室内の風情を壊さないようにオブジェ風にしたら、しっくりきましたね」(野口さん)。

奥様の肝入りによるキッチン。「大勢が集まることも多いですし、独立型のパーティシンクが理想だったんです」(奥様)。

奥様の肝入りによるキッチン。「大勢が集まることも多いですし、独立型のパーティシンクが理想だったんです」(奥様)。

ひょうたん形にくり抜かれた壁をはじめ、松の形もあったりと、いたるところに散りばめられていた遊び心も残すことに。

ひょうたん形にくり抜かれた壁をはじめ、松の形もあったりと、いたるところに散りばめられていた遊び心も残すことに。

2F和室にしつらえられたガラス戸、そして欄間。職人による精巧なしつらえは現代では見られないからこそ、残す価値がある。

2F和室にしつらえられたガラス戸、そして欄間。職人による精巧なしつらえは現代では見られないからこそ、残す価値がある。

80年超にわたって家を守り続けた鬼瓦は、母屋と離れをつなぐ枯山水の中庭に意匠として使用。この家の記憶を、今後何十年と継承していく。

80年超にわたって家を守り続けた鬼瓦は、母屋と離れをつなぐ枯山水の中庭に意匠として使用。この家の記憶を、今後何十年と継承していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tさんの夢を叶えた建築家

[建築家]

野口政司

noguchi2018-001

 

設計コンセプト

「広い敷地に建つ木造2階建の母屋とコンクリート造のモダンな離れをどのように違和感なくつなげ再生するかがテーマであった。今回の大修理のシンボルとして楓の丸く太い大黒柱を母屋の中心に据えた。又大屋根に飾られていた鬼瓦を、この家の記憶を継承するため枯山水の中庭に置き、広縁と渡り廊下から眺められるようにした」

 

設計のこだわり、苦労したところ

「昭和初期に徳島に建てられ、太平洋戦争後大阪に移築した木造の母屋は、阪神大震災などの影響で2階の床が大きく沈んでいた。1階床下にコンクリートを打ち、2階の梁をジャッキアップし、大黒柱と耐力壁で固めた。欄間やふすま、障子は可能なかぎり活かし取りとし、耐震補強の跡をできるだけ目立たない再生工事とした。又、台所、浴室、便所などの水廻りは全面改修となったが、塗り壁や和紙などの自然素材を用い、既存部分と快い統一感をもたらすことをこころがけた。大工、建具など主な職人さんは、徳島から泊り込みで行ってもらった。徳島で生まれ、移築された民家を徳島の職人さんたちが再生する。これも何かの縁ではないかと思う」

 

 

建築データ

■家族構成

施主夫妻(60代)

■構造・工法

木造2階建・RC1階建、軸組工法・壁式工法

■敷地面積

600㎡(約181坪)

■延床面積

合計 382㎡(約115坪/母屋71坪、離れ35坪、車庫9坪)

1階 281㎡(約85坪/母屋50坪、離れ35坪)

2階 71㎡(約21坪/母屋21坪、離れ0坪)

車庫 30㎡(約9坪)

■スケジュール

設計期間 2013年2月~2013年8月

工事期間 2013年8月~2014年5月

■設計監理

野口建築事務所

■施工

野口建築事務所

 

 

 

T邸間取り

1 玄関

2 ホール

3 DK

4 和室1(10帖)

5 縁側

6 広縁

7 ユーティリティ

8 洗面室

9 浴室

10 便所

11 納戸

12 クローゼット

13 寝室

14 中庭

15 客間・サロン

16 洋間

17 玄関ポーチ

18 ガレージ

19 和室5(7.5帖)

20 和室4(12.5帖)

野口政司図面

建てようネット旧ブログ