建築家のリノベーション

» 2019/08/05/

新居照和 ヴァサンティのリノベーション


建築家

新居照和

ヴァサンティ

 

住宅[徳島市・A邸]

 丈六の家

 

日本建築家協会環境建築賞を受賞。

“環境との調和”を見事に表現した

「丈六の家」

 

 

構造や床材はすべて葉枯らし乾燥による杉材で、反りや曲がりも少ない。調湿作用に優れ、今なお木の香りが漂う。窓には紫外線を抑制し、遮熱性の高いLow-Eガラスを採用している。

構造や床材はすべて葉枯らし乾燥による杉材で、反りや曲がりも少ない。調湿作用に優れ、今なお木の香りが漂う。窓には紫外線を抑制し、遮熱性の高いLow-Eガラスを採用している。

 

 


建築家としての考えに共感したことが

リフォームの始まり



 施主のAさんが新居さんに設計を依頼した当初は台所とダイニングの暗さや寒さの問題をなくすリフォームから始まりました。実は築20年の家を壊して、新たに建て替えても良いと考えられていたそう。しかし新居さんは、こんな提案をしました。「まだ20年しか経っていない家をもう壊すんですか? それだったら、改修することで時間の持続性を大切にして、なおかつ環境との調和を住まいの中に取り込めるような家に生まれ変わらせませんか?」。

 Aさんは美容室を経営しており、過去には年に何度も海外に視察に行っていたそう。その時に、欧米人が自然や住まいをいかに大切にしているかという文化に触れると同時に、暮らしの中で美の感性を育めるような住環境にしたいと考えていました。「新居さんからの提案には根本的な考え方を共有できたので、リフォームにあたってこちらからオーダーするというよりは、その考えを表現できる家になれば良いという感じでしたね」(Aさん)。


壁面の大胆な窓ガラスを通して、

外の自然との一体感を楽しむ



 生まれ変わった「丈六の家」でひときわ目を引くのは、南東・南西方向に設置されたとても開放的なガラス窓。室内にいても、周辺の田畑はもちろん、晴れた日には勝浦方向の山々など、明媚な景観を獲得しています。また、場所の特徴と青石や自然乾燥材の杉など地域の素材を生かしています。自然を財産と考え、“環境との調和”という理念が見事に住まいに反映されていると言えるでしょう。

 「以前は壁で閉ざされていたので、室内にいて自然を感じられるようなシーンも少なかったんですけどね。今の生活を思えば、当時はどれだけもったいないことをしていたんだ、と(笑)。窓は四方に、開閉が可能で、風も抜けて気持ち良い。期待以上にこの自然によって感性が磨かれていくという感覚を得られるようになりました」(Aさん)。



浄化水や雨水を利用して作った水の流れやたまりが、

“環境との調和”を表現



 もうひとつ、“環境との調和”という点では、庭にも注目です。「丈六の家」の正面には、水たまりが情緒的に、かつ自然な雰囲気で在ります。あくまで自然に作られたようにせせらぎが流れたり、水たまりに木々が映り込みます。庭師と建築家の精巧な意図によって作られたこの水循環は、リフォーム時に設置した高性能の合併浄化槽による浄化水や雨水を利用したものなのです。

 「自然に生かされている感じ、包まれている感じを生み出そうと庭をデザインしていきました。この水によって緑を潤し、微気候を生み出す。そして、室内空間には、夏は木漏れ日と、涼しい風が入り全体を巡り、冬は落葉するので温かい陽光に包まれます。“環境との調和”という考え方に基づいた、素晴らしい家になったと思います」(新居さん)。

 その考え方、エネルギー消費量が少なく、また建築としての美しさが評価され、2012年の日本建築家協会環境建築賞を受賞。名実ともに“環境との調和”を具現化した「丈六の家」こそ、豊かな自然を誇る徳島県において、21世紀を生きる私たちにとってのひとつの指針とも考えられるのではないでしょうか。


before

以前のお宅は、昭和の後半によく見られた形。今回のリフォームでは、この構造を補強しながら包み込み、外側に拡げた部分に伝統的な木造フレームとガラス窓を設置した形態になる。

以前のお宅は、昭和の後半によく見られた形。今回のリフォームでは、この構造を補強しながら包み込み、外側に拡げた部分に伝統的な木造フレームとガラス窓を設置した形態になる。


after

浄化水や雨水の利用によって、竣工から10年以上経った今ではケヤキをはじめとした木々が生い茂り、情緒豊かな目隠しに。外からの視線も気にならない。

浄化水や雨水の利用によって、竣工から10年以上経った今ではケヤキをはじめとした木々が生い茂り、情緒豊かな目隠しに。外からの視線も気にならない。

竣工当時はほぼ目隠しのない状態だが、Aさん曰く「人って、閉まってるところは気になって見ようとするけど、これだけ開いてると逆に見ないんですよ、心理的に」とのこと。

竣工当時はほぼ目隠しのない状態だが、Aさん曰く「人って、閉まってるところは気になって見ようとするけど、これだけ開いてると逆に見ないんですよ、心理的に」とのこと。

Aさんが「小鳥が遊びに来ることもあって、この家の中で一番好きかも」というインナーバルコニーは、広大な吹き抜けを作るにあたって構造上も必要なスペース。

Aさんが「小鳥が遊びに来ることもあって、この家の中で一番好きかも」というインナーバルコニーは、広大な吹き抜けを作るにあたって構造上も必要なスペース。

夜になり、電気を点けると浮き上がって見える。「帰ってきて、家に電気が点いてる風景を見るのが好き。本当に、本当にキレイなんです!」(Aさん)。

夜になり、電気を点けると浮き上がって見える。「帰ってきて、家に電気が点いてる風景を見るのが好き。本当に、本当にキレイなんです!」(Aさん)。

庭自体が緩やかな傾斜になっており、水たまりを作り、さらに下方へと流れていく。最終的には田畑へと流れ、自然に還る仕組みになっている。

庭自体が緩やかな傾斜になっており、水たまりを作り、さらに下方へと流れていく。最終的には田畑へと流れ、自然に還る仕組みになっている。


Aさんの夢を叶えた建築家

[建築家]

新居照和

ヴァサンティ

にい夫妻


設計コンセプト

「豊かな風景の中で暮らす住環境を構想する。地域の緑の風景とつなげ、大樹の下で暮らす住空間をつくる。築20年の住宅を、2002年に再生。葉枯らし乾燥の木頭杉を使う。高性能の合併浄化槽による浄化水や雨水を利用し、緑を潤し微気候を生み出す。新鮮な空気が巡り、循環構造をもつ空間をつくる。2012年日本建築家協会環境建築賞」


設計のこだわり、苦労したところ

「旧家屋は予想した以上に脆弱な構造であった。日常生活の中で住み手の感性を高め、感受性を養い、心地よい暮らしの空間を望まれたことを、応えるように努めた。夏はほとんどエアコンを使わず、冬は朝、晩暖房するだけで、快適な空間を楽しまれている」


建築データ

■家族構成

 夫、妻

■構造・工法

木造・在来軸組工法

■敷地面積

875.74m2(約265.38坪)

■延床面積

合計 192.01m2(約58.18坪)

1階 126.06m2(約38.20坪)

2階 65.95m2(約19.98坪)

■スケジュール 設計期間

 2001年2月~2001年11月

■工事期間

 2001年11月~2002年6月

■設計監理

新居建築研究所

■施工

アークホーム

 

新居照和_図面1新居照和_図面2


A邸間取り

1 玄関

2 和室4.5帖

3 和室8帖

4 階段ホール

5 キッチン

6 広間

7 洗面所

8 浴室

9 坪庭

10 物置

11 石井式合併浄化槽

12 寝室

13 和室

14 便所

15 バルコニー

16 ウォークインクローゼット

建てようネット旧ブログ