トピックス

建てようネットの新着情報&お知らせ

» 2013/09/25/

建てようネット[徳島]新登録建築家ガイド~野田雅之さん編~


建てようネット[徳島]の実績
建築家決定176件
完成物件120棟(新築88棟、リフォーム22棟、店舗6棟、店舗兼住宅4棟)
(2013年8月30日現在)

 

建てようネット[徳島]
新登録建築家ガイド
【野田雅之】
前号の樋口綾子さんに引き続きの3号連続企画の第2弾。建てようネット[徳島]の新建築家を徹底解剖していきます。今回は野田雅之さんを根掘り葉掘り取材しましたので、野田さんの魅力を堪能してください。次号は竹内郁夫さん。


野田雅之 noda masayuki

CALL SPACE DESIGN

■プロフィール
1974年生まれ、血液型O型、獅子座。名城大学理工学部建築学科卒業。岡田昭則建築研究所(兵庫県)、剛建築事務所、Celiaを経て2007年独立。一級建築士。

 

野田雅之さん

IMG_2028


意匠設計の妙で
本当に快適な空間づくりを

誤解を恐れずに書きますが、野田さん曰く「僕、設計図を書くのが嫌いで(笑)」。もちろん、一級建築士の資格を持っているので設計図もお手の物なのですが、「設計図も間取り図も、お施主さんがそれを見て理解したりイメージしたりするのは難しいですよね。結局は出来上がりが重要で、だからこそ僕は、意匠設計の道に進んだんです」。
意匠設計とは、簡単に言えば、建物の外観や内観などの目に見える部分の設計のことで、感覚的には服のデザイナーに近いものがあります。独立前に特注家具の企画・デザインなどを手がける会社でキャリアを積んだ野田さんならではのセンスは、家のデザインだけでなく、作りつけの家具によく表現されるのです。「室内の空間が本当の意味で “いかに快適になるか”ということを念頭において設計を行なっています。ですから僕は、自分が設計した家に合うように、すべてのインテリアに関してオーダーメイドのものをご提案します。前職で培ったノウハウがあるので、決して高価にはなりません。僕に設計をご依頼いただける時は、家具を買う前に一度、ご相談くださいね」。

 

■建築・仕事上のモットー

『新しい』エッセンスで建て主の最も好きな空間作りをする。

■家づくりに対する考え方
住まう人が、いかに快適であるかが第一優先であると考えます。限られた予算で、上手くバランスをとり、居住空間をいかに豊かにできるかを、常に考えてゆきます。

■自身の作風の特徴・得意な工法など
家族が集うリビングを中心に、空と光を取り入れ、かつ新しいエッセンスを加えてできる、楽しい建築空間作りが得意です。インテリアデザインの経験を生かして、収納・キッチン・机・椅子に至るまでデザインします。AV機器・ホームシアター・ホームネットワーク設置も得意とします。

野田雅之さんをもっと知る10の質問
Q-1 好きな建物は何ですか?
A-1 ファンズワース邸

Q-2 好きな建築家は誰ですか?
A-2 Ludwig Mies van der Rohe

Q-3 好きなアーティストは誰ですか?
A-3 たくさんいます。

Q-4 あなたの愛車を教えてください
A-4 LEGACY TOURING WAGON

Q-5 最近買ったCDはなんですか?
A-5 Anchor (Mindy Gledhill)

 Q-6 最近買った本、または好きな作家

A-6 ARCHITECTURE NOW !

Q-7 好きな映画の好きなシーンを教えてください
A-7 「ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ」

Q-8 朝は何時頃起きますか?また朝一番に何をしますか?
A-8 6時に起床。コーヒーを飲む。


Q-9 何をしている時が一番リラックスしますか?
A-9 家族と過ごしているとき

Q-10 一日が二十五時間だったら、余った一時間を何に使いますか?
A-10 子供と遊ぶ。

 


野田雅之さんが建てた家

#01

松茂町・O邸

[松茂の家]

約20畳のリビングダイニングは全体が吹き抜けになっており、その開放感たるや出色のもの。「この家は、リビングがすべて」という野田さんの言葉にも頷ける。周囲の家からの目線を気にしなくても良いように、土地に対して若干、斜めに建てられているのもポイント。

約20畳のリビングダイニングは全体が吹き抜けになっており、その開放感たるや出色のもの。「この家は、リビングがすべて」という野田さんの言葉にも頷ける。周囲の家からの目線を気にしなくても良いように、土地に対して若干、斜めに建てられているのもポイント。

 

 

インテリアも含めた設計のおかげで

家族が自然とリビングに集う、松茂の家

人柄への絶大な信頼が、家の設計への信頼にもつながった


「昔からいろんな人が集まってくる人だったんです、野田さんって。同級生はもちろん、後輩も、先輩も。誰からも慕われるその人柄もあって、100%の信頼をもって依頼しました」とはOさんの奥様。実は、高校時代にサッカー部に所属していた野田さんとは先輩後輩の関係で、同部のマネージャーとしてサポートしていたという間柄。お互いをよく知る両者の間には絶大な信頼があり、それは、こと家の設計という点においては非常に大事なポイントでした。
「私たちは本当に家づくりに関して素人で(苦笑)。詳しいことはわからないので、“広くて、明るくて、気持ちが良い家にして欲しい”というオーダー以外は、何もお願いしていないんです」(奥様)。土地の広さと予算以外に制約のない中での設計は難しそうにも思えますが、それに対して「僕は典型的なO型気質なので(笑)、あまり深く悩むことないんですよね」と謙遜する野田さん。全ての物事をプラス思考で進める姿勢に建て主も共感し、最高の雰囲気の中、家づくりが進むのです。


意匠設計が得意な建築家ならではの、リビングの空間美

「この家は、リビングがすべて」と野田さんも言う通り、まず特徴的なその空間。吹き抜けによって、いわゆる“抜け感”のある広々としたリビングは、自然と家族が集い、憩いを感じられるように設計されています。それぞれが自室にいるときでも気配を感じられるようにと、各部屋とつながりを持たせている点からも、いかに家族の絆を重要視していたかがわかります。
また、リビングの東面と南面には大きなFIX窓、つまり固定された窓を設置して、“明るい家”というオーダーに応えました。「明るすぎて、朝起きて、リビングに来たら二度寝する気がなくなります(笑)」とは、ご主人の嬉しい悩みだそうです。
この空間には無駄なものや無機質なものが一切ありません。大きなものでは、エアコン。実は、独立型のキッチンの足元に設置されているのです。野田さん曰く「壁掛けタイプは不細工でイヤ、天井埋込み型も事務所みたいな雰囲気でイヤ。そう考えると、足元に設置するのがベストだと思っています」だそう。これぞ、意匠設計を得意とする建築家の本領と言えるでしょう。


家族が憩うためのインテリアの設計もお手の物

もうひとつ、野田さんの本領について触れるならば、それは室内のインテリアの数々。リビングにあるソファ以外のインテリアはすべて、野田さんの設計によるものなのです。「家具を買う前に“こんなん買おうと思ってるんだけど”と相談したら、“おかしい!”“家に合わん!”って(笑)。さらに、“ほれやったら僕が作る!”と言ってくれたので、それも100%の信頼をもってお願いしました。仕上がりも、もちろん大満足。リビングに家族が集まってくるのはインテリアのおかげもあると思いますし、改めて建築家ってスゴイなぁと、実際の生活を始めた今、実感しているところです」。

 



あくまでインテリアの一部として見せるべく設計された階段。一見、巨大な箱のような形がとてもユニークで、なおかつ収納も兼備しているため機能性も高い。

あくまでインテリアの一部として見せるべく設計された階段。一見、巨大な箱のような形がとてもユニークで、なおかつ収納も兼備しているため機能性も高い。

 

主寝室から、リビングダイニングを見渡せるように巨大な窓を設置。反対側に外に面する窓が設置されているため、光をうまく取り込む効果もある。

主寝室から、リビングダイニングを見渡せるように巨大な窓を設置。反対側に外に面する窓が設置されているため、光をうまく取り込む効果もある。

2F踊り場からリビングダイニングを見下ろすと、一見、無秩序に配置されたように見える窓が、光と景色を美しく取り込んでいることがわかる。

2F踊り場からリビングダイニングを見下ろすと、一見、無秩序に配置されたように見える窓が、光と景色を美しく取り込んでいることがわかる。

 

外壁にはガルバリウム鋼板を採用。景観の美しさ、手入れのしやすさ、コストなど、総合的に判断した結果の最適なプランだ。

外壁にはガルバリウム鋼板を採用。景観の美しさ、手入れのしやすさ、コストなど、総合的に判断した結果の最適なプランだ。

DSC02540

まちまちの大きさに設えられた窓。夜になって室内の光が外に漏れると、その存在感が、そして叙情的な美しさが、ひときわ目立つようになる。

まちまちの大きさに設えられた窓。夜になって室内の光が外に漏れると、その存在感が、そして叙情的な美しさが、ひときわ目立つようになる。

リビングを中心に、写真右上が夫婦の主寝室、左上が子ども部屋になっており、家族のつながりが感じられる間取りに。こうして見ると、エアコンなど無機質なものが一切、見えないように工夫されているのがわかる。

リビングを中心に、写真右上が夫婦の主寝室、左上が子ども部屋になっており、家族のつながりが感じられる間取りに。こうして見ると、エアコンなど無機質なものが一切、見えないように工夫されているのがわかる。

 

優しいダウンライトが憩いへの入り口を演出する玄関。極力、無駄なものはそぎ落としていくという考え方が、この玄関を入ってすぐにわかる。

優しいダウンライトが憩いへの入り口を演出する玄関。極力、無駄なものはそぎ落としていくという考え方が、この玄関を入ってすぐにわかる。

 

「ダイニングチェアは実際に座ることなく注文したので不安でしたけど、座り心地も良くて大満足! さすがプロ!!」と奥様。これぞ野田さんならではの意匠設計の妙だ。

「ダイニングチェアは実際に座ることなく注文したので不安でしたけど、座り心地も良くて大満足! さすがプロ!!」と奥様。これぞ野田さんならではの意匠設計の妙だ。

夜には夜の、優しい光。特に主寝室の上部に設えた間接照明は、天井に当たることで高さ感を演出し、開放的な空間であることをより感じさせてくれる。

夜には夜の、優しい光。特に主寝室の上部に設えた間接照明は、天井に当たることで高さ感を演出し、開放的な空間であることをより感じさせてくれる。

階段の踊場にて。実際にOさんの生活が始まってからも、照明の具合や光の入り具合が気になる野田さんは、何度も足を運んでいるそう。

階段の踊場にて。実際にOさんの生活が始まってからも、照明の具合や光の入り具合が気になる野田さんは、何度も足を運んでいるそう。

 

 


Oさんの夢を叶えた建築家/建築家・野田雅之

野田雅之さん

野田雅之さん

設計コンセプト

「松茂の分譲地に建つ住宅。子供達と暮らすことのできる時間は短い。家族が集うことのできる場所を中心に楽しい空間となるようにデザイン。オープンで明るい間取りをつくるために、階段を壁で囲うのではなく、中央にコンパクトな木の箱(階段家具)のように考え、レイアウト。またこの木の箱には床置エアコン、クローゼット、AV機器収納としての役割とLDKから浴室、トイレのプライベート空間を優しく仕切っている。 2階のどの部屋からもリビングが見渡せるように配置し、いつでも家族の気配を感じることのできる住宅となっている」

建築データ
■家族構成
施主(35歳)、妻(38歳)、子ども2人(9歳・7歳)
■構造
木造2階建て
■工法
枠組壁工法
■敷地面積
219.74㎡(約66.47坪)
■延床面積
合計 120.85㎡(約36.55坪)
1階 72.87㎡(約22.04坪)
2階 47.98㎡(約14.51坪)


■スケジュール
設計期間 2012年7月~2012年11月
工事期間 2012年12月~2013年4月
■設計監理
CALL SPACE DESIGN
■施工
株式会社 コール

 


O邸間取り

10月号平面図画像
1 玄関
2 LDK
3 畳室
4 食品庫
5 洗面脱衣室
6 浴室
7 個室1
7 個室2
7 個室3
8 WIC
9 吹抜

 


Another File
野田雅之さんが建てた家、その他事例


#02 北前川の家

住宅密集地でありながら、吹き抜けと天窓を設け、明るく開放感あふれるLDKを設計。2Fは、回遊性のあるレイアウトをし、子供たちがイキイキと住まう空間を実現。

住宅密集地でありながら、吹き抜けと天窓を設け、明るく開放感あふれるLDKを設計。2Fは、回遊性のあるレイアウトをし、子供たちがイキイキと住まう空間を実現。


#03 江田の家

リビングを中心に、2F居室が箱で出現させた、シンプルな空間を設計。吹き抜けと、南側に大きな開口を設け、豊かな緑の借景を実現。

リビングを中心に、2F居室が箱で出現させた、シンプルな空間を設計。吹き抜けと、南側に大きな開口を設け、豊かな緑の借景を実現。


#04 北沖洲の家

2世帯住宅。親世帯は、1Fながらも南側に開口を設け明るく落ち着いた空間に。子世帯は2Fで天窓と南側の開口により明るくし、柱を木に、電球を実に見立てて光の実が成るシンボルツリ-がある、リビングを提案。愛犬が1F2Fを自由に往来できるよう、犬用窓も設置。

2世帯住宅。親世帯は、1Fながらも南側に開口を設け明るく落ち着いた空間に。子世帯は2Fで天窓と南側の開口により明るくし、柱を木に、電球を実に見立てて光の実が成るシンボルツリ-がある、リビングを提案。愛犬が1F2Fを自由に往来できるよう、犬用窓も設置。



a
敷居の高いイメージの建築家を建てようネット[徳島]が無料でマッチングします。
地元タウン誌だから可能な、中立な立場でのご紹介!!
個人では難しい複数の建築家との面談も建てようネット[徳島]がアポイントとります。
いろんな建築家に会って、自分に一番ピッタリの建築家を探しましょう!
面談の段取りから最終の決定・お断りまで、建てようネット[徳島]がサポートします。
 
建てようネット[徳島]のシステム&仕組みの詳細はこちら
建てようネット[徳島]で建てた家、現在119棟(新築87棟/リフォーム22棟/店舗10棟)
建てようネット[徳島]公式HP 

ライブラリー
徳島市南末広町2-95(あわわビル4F)
■平日・祝日:予約制
■土曜・日曜:13:00~19:00
Tel: 088-654-1118
Mail: tokushima@tateyou.net 
 画像1
*平日や時間外のご利用はお電話またはメールで事前にお問い合わせください。
*週末は混みあう事がありますので、なるべくお電話してからお越しください。
*イベントの開催などで平日・週末ともにライブラリーをお休みする場合があります。ご了承ください。

あなたの家づくりを叶える徳島の有名建築家22
aaa
 リンク先はこちらから。



建てようネットグループ
建てようネット[和歌山]
建てようネット[大分]
建てようネット[香川]

*加盟FC随時募集中。和歌山・大分・香川以外の地元媒体社の方、
 読者と建築家のマッチング事業やりませんか?
 詳細は、お電話かメールで。 

*建てようネットのシステムの詳細はこちらを参照に。

  

建てようネット旧トピックス
建てようネット旧ブログ