トピックス

建てようネットの新着情報&お知らせ

» 2018/02/24/

祝155棟目 A邸 『鉄骨多層建築の中の住宅』


祝155棟目 建てようネットでリノベーションした家

徳島市・A邸

建築家・内野輝明+坂本工務店

鉄骨多層建築の中の住宅

光が空間を周遊する、切妻の家。

短期間でワンフロア丸ごとリノベーション

 「最初にプランを見せていただいた時に、思わず感動で涙が出てしまいました」。

 そう奥さまが話すほど、建築家・内野さんが手掛けたプランは魅力的なものだった。

 リノベーションの動機は、小学校に通う2人の子どもと過ごす時間を大切にしたかったこと。その上、日当たりも悪く、間取りに関しても使い勝手が悪かったのが大きな理由だったそう。

 「窓が少なく、昼間でも電気を付かなければ生活できないほどでした。広いリビングのほかには、納戸が一つあるだけ。同じ場所で家事や育児、仕事などをしていたので、後片付けもままなりませんでしたね」。

 リノベーションを決意したご夫婦は、建築家の紹介を求めて「建てようネット」へ。周辺の環境へ配慮するために、工期をなるべく短くすること、足場をなるべく組まないなど複数の条件をもとに、ピックアップした3人の登録建築家との面談を行った。面接後すぐに内野さんから提示された一つのプランを見た奥さまの感動は、冒頭でお伝えした通りだ。

 「この時に見せていただいたプランを、ほぼそのままの形で採用させていただきました。それほど、完璧で魅力的なアイデアだったんです」とご夫婦は笑顔を浮かべる。

天井を取り外し光あふれる大空間に

  ここで多くを語らずとも、ビフォー&アフターの写真を見比べれば、当時奥さまが抱いた感動を分かち合えるだろう。

 その感動の要素を紐解いていくと、まず切妻屋根の形を活かした空間設計が挙げられる。それまでは低い平天井に覆われていたため、奥に行くほど暗い空間になっていた。今回のリノベーションで天井を取り払い、北側に新たな開口部を設けることで驚くほど明るく開放的な空間を生み出している。

 「家の奥に鍵付きの子ども部屋を作りたくないので、リビングの隣に配置しました」と内野さん。天井は切妻の大空間を共有しているほか、ポリカーボネイトの引き戸によって、リビングとの境界をゆるやかに仕切ることができる。

 北側は1本の廊下を挟んで主寝室を配置。その上部に広々としたロフトスペースを設けた。今は奥さまの趣味部屋として活用しており、少し身を乗り出せば子ども部屋やリビングの様子を伺うことができる。

 「家の中をぐるぐると光が回っている感じがして、毎日が本当に気持ちいい。リノベーションは、人生の投資のようなもの。早めに決断することで、子どもたちとの豊かな時間をたくさん共有できる」とご主人。建築家との二人三脚によって、新築にも勝るリノベーションが完成した。

 Aさんの夢を叶えた建築家

[建築家]内野輝明

uchino201201uch顔写真

設計コンセプト

「切妻屋根の建物のワンフロアを使ったすまい。平らな天井をめくって現れる大空間を有効に使って遊び場や趣味室などを足す、立体的な全面リフォームです。屋根面の断熱性能もぐっと上げて、みんなでワンルーム的に楽しく暮らす家になりました」

「排水管の関係で多分無理だと思っていました」というキッチンも、希望通り対面型に。システムキッチンを元に空間に馴染むよう造作した。
「排水管の関係で多分無理だと思っていました」というキッチンも、希望通り対面型に。システムキッチンを元に空間に馴染むよう造作した。

リビング、キッチン、子ども部屋のすべてが、切妻の大開口を共有する間取り。照明の高さに変化をつけることで、空間の広がりがさらに強調される。
リビング、キッチン、子ども部屋のすべてが、切妻の大開口を共有する間取り。照明の高さに変化をつけることで、空間の広がりがさらに強調される。

三角形の切妻が印象的な屋内。左右に分かれた子ども部屋には、それぞれロフトを設置。梁の高さをコントロールし10センチほど上部を広くした。
三角形の切妻が印象的な屋内。左右に分かれた子ども部屋には、それぞれロフトを設置。梁の高さをコントロールし10センチほど上部を広くした。

あれほど暗かったリビングが、照明をつける必要がないほど明るい空間に。奥さまの家事の負担を減らすため、室内物干し竿も取り付けられている。
あれほど暗かったリビングが、照明をつける必要がないほど明るい空間に。奥さまの家事の負担を減らすため、室内物干し竿も取り付けられている。

リビングの隣に子ども部屋を配置することで、コミュニケーションがさらに深まる。2つの子ども部屋は、引き戸によって完全に仕切ることもできる。
リビングの隣に子ども部屋を配置することで、コミュニケーションがさらに深まる。2つの子ども部屋は、引き戸によって完全に仕切ることもできる。

寝室上のロフトから身を乗り出すと、子ども部屋やリビングが見える。明るい空間にするため、フローリングには無垢の桜を使用。
寝室上のロフトから身を乗り出すと、子ども部屋やリビングが見える。明るい空間にするため、フローリングには無垢の桜を使用。

寝室の上に設けられたロフト。今は奥さまの趣味の部屋として使われている。将来は、大きくなった子どもの部屋として活用することも可能。
寝室の上に設けられたロフト。今は奥さまの趣味の部屋として使われている。将来は、大きくなった子どもの部屋として活用することも可能。

子ども部屋と寝の間を走る廊下も、図書スペースとしてマルチに活用。北側の開口部から光が届けられるため、昼間は照明をつける必要がない。
子ども部屋と寝の間を走る廊下も、図書スペースとしてマルチに活用。北側の開口部から光が届けられるため、昼間は照明をつける必要がない。

リフォーム前は一つの大空間で家事や育児、仕事などを行っていたため、空間の使い方があいまいになり、モノがどうしてもあふれがちに。
リフォーム前は一つの大空間で家事や育児、仕事などを行っていたため、空間の使い方があいまいになり、モノがどうしてもあふれがちに。

窓が少ない上に平天上だったため、奥に行くほど暗くなり昼間でもダイニングの電気はつけっぱなし。夏の暑さや冬の寒さも厳しかった。
窓が少ない上に平天上だったため、奥に行くほど暗くなり昼間でもダイニングの電気はつけっぱなし。夏の暑さや冬の寒さも厳しかった。

建築データ

■家族構成 施主、妻、子供2人

■構造 鉄骨造

■工法 ワンフロアを全面リノベーション

■延床面積 107.22㎡(約32坪)

■スケジュール 設計期間2015年7月~2015年8月

         施工期間2015年9月~2015年11月

■設計監理 内野設計

■施工 坂本工務店

 izumimadorigazo01

A邸間取り

リノベーション前

1 玄関

2 WC

3 洗面所

4 バルコニー

5 ホール

6 LDK

7 主寝室

8 クローゼット

9 納戸

リノベーション後

1 玄関

2 バルコニー

3 LDK

4 こども室

5 パントリー

6 書斎

7 主寝室

8 ロフト

建てようネット旧トピックス
建てようネット旧ブログ