loadingなう

徳島の建築家

TOKUSHIMA ARCHITECT
来場・イベント予約

兼間 至公

1952年生まれ、血液型B+の上、やぎ座。大阪芸術大学芸術学部建築学科卒。大学研究室勤務後、設計事務所、建設会社設計部などを経て独立。一級建築士。

兼間建築設計研究所

とにかくていねいに描くこと

オリジナリティのあるデザイン、フォルムの美しさ、自然素材であること。そうしてハンドメイドのその家独特の持ち味が大切。 意外性があり専門性に優れ新しいことが設計に必要だと思う。

作風について

すっきりとした本物の素材を使用する。コンクリート打放や塗装(マジックコート、珪藻士など)アルミ板・銅板・ムク材などを使用する。日常用いられているありふれた材料やどこでも見受けられる工法が組み合わせる方法によって驚くほどの力を持った空間を生む。鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造、混構造など180件以上の建物を設計している。

施工実績